労働問題グループ・ディスカッション資料

ユニオンぼちぼちの組合員が大学の出前授業で行った労働問題グループ・ディスカッションの資料を共有します。架空の例です。

 

問題(1)「アルバイトを辞めさせてくれない居酒屋チェーン店」

◯こんなトラブルにあいました(5分)

    • 大学3回生の10月、就職活動の準備に入りたい、大学の単位をきちんととりたいと考え、シフトを減らしたい、と店長にお願いしました。
    • しかし、店長からは「人手不足なので、仕事を減らすことはやめてほしい」「学業とアルバイトと就職活動をいかに両立させるのか、この経験は社会人になってからも必ずいきる」「いままで育てたことを恩義に感じないのか」と言われてしまいました。
    • 1ヶ月後、「やっぱり今後のことに不安があるので、コマ数を減らしたいです」とお願いをしました。
    • けれども、店長は「この時期に人を探すのは難しいし、急に来ないと言われると損害が発生するだろう。来ない分はオレが穴埋めするが、その分損害が発生するからお前の給与から差し引くからな」と言い放ちました。また「お前のような人間はろくな社会人にならない」「就職活動も失敗する」「馬鹿野郎」「恩知らず」「お前の性格には欠陥がある」と、他のアルバイトもいる前で、1時間ほど、大きな声で繰り返し罵られました。
    • 店長に罵られてから、気分が落ち込んでしまい、お店のことを考えると動悸が激しくなりました。眠ることや食べることも、難しくなりました。店長に連絡することも難しく、アルバイトスタッフの友人に欠勤すると伝えました。1週間の間、店長からは何度も携帯電話に着信がありました。留守番電話も10件ほど入っていました。恐ろしくて聞くことができませんでした。実家にまで電話があり、母親から連絡があって心配してくれました。事情を話すと父親と母親は怒って味方になってくれました。「店長の考え方は社会人としておかしい」と言ってくれました。
    • 店に行けなくなって2週間後、店長から20万円を請求する損害賠償請求書が送られてきました。最後に働いた1ヶ月分の給料5万円と損害20万円を一部相殺するので15万円を請求する、と書いてありました。
    • 店長とのやりとりを、ようやく思い返すことができるようになりました。あなたはどうしても店長が許せなくなりました。

◯ひとりで考えてみてください(5分)

  • この一連の事件のどこに問題があると思いますか。問題点を思いつくかぎりすべてあげてください。
  • あなたはどこに怒りを感じましたか。
  • あなたなら、まず誰に相談しますか。どんな助言をしてくれると思いますか。
  • あなたが相談されたら、相手にどのような声をかけますか。
  • あなたにとって、この事件の解決とは何ですか。
  • 問題を解決するにはどのような手段があると思いますか。

◯ディスカッションしてみましょう(10分)

  • この事件の問題点と解決方法をみなさんで話し合ってください。議論の中身は後で発表してもらいます。

◯シェアしましょう(10分)

 

問題(2)「アルバイトに労災がないという人材派遣会社」

◯こんなトラブルにあいました(5分)

  • 大学2回生、イベント会場設営の派遣アルバイトをしていました。給与明細には、毎月保険料という欄があり、1000円が天引きされていました。
  • ある日、ライブ会場の設営で、ライブ機材の運搬を数人でやっていました。機材は数百キロの重さがあって、重さに耐えかね、足の上に落としてしまいました。ものすごい痛みがあり、叫びました。歩くこともできなかったので、作業を中断して帰宅しようとしました。スタッフからは勝手に帰るなと言われ、作業終了まで現場にいました。
  • ずっとうずくような痛みが続き、足は紫色に変色して膨れ上がり、靴が履けなくなりました。近所の外科を受診したところ、右足の甲部骨折の診断を受けました。
  • 仕事もできない状態で、通院費も初回だけで1万円以上したので、会社に電話しました。社員から、「仕事は入れないということですね。困るなあ。。でも分かりました。こちらで何とかします。またこちらから連絡します」と言われました。保険の話にまったくならなかったので、自分から通院費などはもらえないかと尋ねてみました。「アルバイトには労災はないんだよ。知らないの?」と言いながらも、社員は仕方なさそうに、「なら領収書を送って。月末に振り込むから」と言いました。
  • 翌日に領収書を会社に送りましたが、社員の機嫌を損ねてしまったと感じ、萎縮して連絡できませんでした。会社からの電話はありませんでした。月末になっても、医療費の振り込みはありませんでした。
  • インターネットで調べたら、アルバイトでも労災はとれるというようなことが書いてありました。ひょっとしたら会社も知らないのかもしれないという考えがわきました。
  • 会社に電話すると、いつもの社員が出ました。「何?」と高圧的に言われて怖くなりました。「アルバイトでも労災があるとインターネットに書いてあって、もしかしたらご存知ないかもと思いまして」と言いました。話している最中に、受話器の向こうで、大きなため息が聞こえました。「いいかげんにしろよ。うちではアルバイトには労災はねーんだよ」と怒鳴られて、向こうから電話を切られました。
  • 数日後、解雇通知書が送られてきました。怒鳴られたことよりもショックでした。
  • 大学の友達に相談したら、「ひどいね。それブラック企業だよ。何かするなら絶対に手伝うし」と声をかけられて、安心しましました。
  • このまま引き下がったら、自分と同じように嫌な目にあう人が出るだろうと思うと、何か行動をしたいと感じるようになりました。

◯ひとりで考えてみてください(5分)

  • この一連の事件のどこに問題があると思いますか。問題点を思いつくかぎりすべてあげてください。
  • あなたはどこに怒りを感じましたか。
  • あなたなら、まず誰に相談しますか。
  • あなたが相談されたら、相手にどのような声をかけますか。
  • あなたにとって、この事件の解決とは何ですか。
  • 問題を解決するにはどのような手段があると思いますか。

◯ディスカッションしてみましょう(10分)

  • この事件の問題点と解決方法をみなさんで話し合ってください。議論の中身は後で発表してもらいます。

◯シェアしましょう(10分)

 

これは架空の例ですが、同じようなことがあって相談したいということであればご連絡ください。また、出前授業などのご依頼も可能な範囲でお受けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です