11月と12月の企画

来週、11月19日には学習会「労働契約法 無期転換権」が予定されているので、詳細の説明です。

また、12月の企画「釜ヶ崎フィールドワーク」の情報も載せておきます。

●学習会「労働契約法 無期転換権」

・日時:11月19日(土) 15時から18時

・場所:ユニオンぼちぼち大阪事務所

・最寄駅

地下鉄御堂筋線「動物園前駅」

JR環状線「新今宮駅」

詳しい地図などは組合㏋を参照してください。

http://rootless.org/botiboti/access.html

※当日は事務所正面のシャッターは閉じているので、参加される方は、事務所近くまで来たら電話をください。

大阪事務所電話番号 06-6647-8278

・主旨

2013年に施行された労働契約法には、有期労働契約に関する規定が新設されました。通算契約期間5年を超えると無期契約への転換を申し込めるようになった一方で、それを回避するために5年未満の雇止めが横行する恐れがあります。現に、立命館大学などは、露骨に非常勤講師の契約更新を5回までとする制度を作りました。

改正から5年となる2018年には、雇止めが集中することが予想されるので、それに備えて労契法の基礎知識を学びます。

 

●釜ヶ崎フィールドワーク

・日時:12月3日(土) 14時集合

・集合場所:ぼちぼち大阪事務所前

・最寄駅

地下鉄御堂筋線「動物園前駅」

JR環状線「新今宮駅」

詳しい地図などは組合㏋を参照してください。

http://rootless.org/botiboti/access.html

・主旨

釜ヶ崎は多くの日雇い労働者が集住して生き抜いてきた街です。一方で、わたしたち非正規労働者は地域に散在し、集まるのもおっくうに感じる距離を生きています。集住する労働者が釜ヶ崎で積み重ねてきた歴史をたどり、散在する自分たちの運動を考えながら、街を練り歩きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です