立命館大学との団体交渉の結果

雇い止めルールは残るも、2017年度末雇い止めは撤回!

昨日の立命館大学との団交において、授業担当講師制度の廃止には至りませんでしたが、「授業担当講師・就業規則9条3項(2)」を根拠に今年度末の雇い止めを通告された方々については、雇用の継続あるいは金銭的補償を行うという点で合意しました。

対象となる方々には大学から連絡がありますが、連絡がないという方や個人で対応することに不安を覚えるという方は、ぜひ組合にご連絡下さい。十分な権利回復がなされるようサポートいたします。
今年度末の雇い止めは実質的に撤回されました。しかし大学はいまだに授業担当講師制度は「歴史的到達」であり合理的だと主張しております。引き続き組合は今年度中の廃止に向けて取り組んでまいりますので、ご支援をお願いいたします。

関西圏大学非常勤講師組合
http://www.hijokin.org/
関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち
http://rootless.org/botiboti/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です