作成者別アーカイブ: スタッフA

1月会議を終えました

スタッフAです。

 

1月の会議が先ほど終わりました。今日は早めに終わりました。

 

お菓子がいっぱいありました。お見せできないのが残念です。写真を撮っておけばよかったと後で気づき、手元にあったわずかなお菓子を撮りました。

 

 

会議に来るとお菓子がある率がけっこう高いです。組合員ならどなたでも参加可能ですので、どうぞご参加ください(露骨にお菓子で釣っています)。

スタッフAの長い一日

スタッフAです。私の長い一日を紹介させてください。

 

早朝の5時くらいに目が覚めたので、これ幸いと機関紙を発送するための住所ラベルと振込用紙をセッティング。それが一段落した8時頃に朝食を取り、争議案件の打ち合わせのために京都事務所へ。

 

2時間ほど打ち合わせをして、事務所に来ていた郵便物を確認し、担当者に連絡。それから来年2月に予定している学習会の場所を予約。

 

そしてせっかく平日の昼間に街中へ出たのだからと買物をして帰って、洗濯をしたりしながら、事務所から回収してきた郵便物をスキャンして電子化して担当者にメール完了。

 

早起きのせいで眠く妙なテンションでこのブログを書いています。

 

あとは争議案件の関係で弁護士にメールで報告をして今日のユニオンぼちぼち関係の仕事は終わりの予定です。

 

今日はユニオンぼちぼち関係の仕事をたくさんしたのでアピールでした。もちろん今日が例外的な日で何もない日もあります。

 

こうした雑務を分担してあげるよという奇特な方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。必要な仕事をしているという充実感はあります。

 

THE MANZAI 2017のウーマンラッシュアワー

スタッフAです。

 

THE MANZAI 2017のウーマンラッシュアワーが話題のようです。例えば以下の記事などです。

ウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI』で怒涛の政治批判連発! 原発、沖縄基地問題、コメンテーター芸人への皮肉も |LITERA/リテラ

 

その映像を見てすごいなと私も思いました。

 

主張内容が正しいとか間違っているとかではなく、言いづらいはずのことを堂々と言っていることがすごいと思ったのです。放送しづらいはずのことを放送したテレビ局もすごいですね。

 

繰り返しになりますが、内容がどうこうという話ではなく、言いづらいはずのことを漫才という形に仕上げて表現したことに感動しました。

 

例えば、数十年前には性的な事柄を口に出すのが憚られていた状態で、性的なことを堂々と主張していたらすごいと感じるのと同じです。今ではむしろ性的な事柄はウェルカムだという雰囲気もあるので、その空気に流されてよく考えもせずに性的な事柄を主張するのはすごくないです。

 

同様に、今後仮に政権批判や政治的な主張をするのが流行したとして、ただ単にその流行に乗るということはすごくないです。

 

労働組合関係の世界では、政権批判やいわゆる左翼的な言説が当然とされることが多いので、それを当然とせず自分で考えておかしいと思ったことはおかしいと言えるようにしたいと個人的に思っております。

 

 

賃金請求権の時効

事務担当のスタッフAです。

 

未払賃金の計算をすることがよくあります。場合によっては5年や10年分の未払賃金が発生していることもありますが、基本的に賃金請求権の消滅時効は2年なので、過去2年分しか得られません。

 

ただし、民法上の不法行為だと構成できれば消滅時効が3年になります。また、会社側が時効を援用しなければ5年でも10年でも請求できます。

 

こうした知識が身につくのが楽しいです。

 

残業代請求の時効は2年間|時効の例外と中断させる方法|厳選 労働問題弁護士ナビがわかりやすいですので、興味のある方はご参照ください。

テストを兼ねた記事

スタッフAです。先ほどの記事で公式に案内されたように、これから個別に執筆者名を入れて記事を書いていくことに決めました。そのテストを兼ねた記事です。

 

ということからもわかりますように、私スタッフAは事務担当者です。これからも事務的なことを書くことが多くなるかなと思っております。