FW: 【反WTO闘争弾圧救援会より】N君仮釈放!

Quick report on Japanese protester’s bail-out, even though s/he should stay the due place in HK, until the final decision at least ’til the next hearing on 30th.


昨日の第二回公判の結果を転送します。

________________________________________
みなさま

反WTO闘争弾圧救援会/釜ヶ崎パトロールの会のKです。

先ほど現地から電話があり、今日の裁判でN君は仮釈放になったとのことです。手続き中で本人はまだ出てきていないそうですが、とりあえず一同安堵しています。今後の見通しについてはまだなんともいえない、とのことですが、次回裁判は12月30日14時30分からで、少なくともそれまでは香港にとどまらねばならないということです。引き続き、N君含め14名の逮捕・勾留は反WTOデモへの不当弾圧であるという立場から、無罪判決を求めて行動していきたいと思います。

なお、昨日15時より、大阪市西区にある在大阪中華人民共和国総領事館に対してN君をふくむ14名の即時釈放を求める申し入れ行動が行われました。N君が関わっている野宿者運動などのメンバーや、友人など約30人で領事館に向かったところ、ガードマンすら外には立っておらず、公安警察数十人が建物の周囲と周辺道路を取り囲むという厳戒態勢でした。

インターホンを押し、出た係員に申しいれの趣旨を説明し、手渡したいので領事を呼んでほしいと伝えたところ、「領事は外出していて不在。他の者が受け取りにいくこともできない。申し入れ書はポストに入れておいてくれれば受け取る」と拒否されました。やむなく、領事館のポストに63団体・個人が賛同連名した申し入れ書を投函し、その後正面前で内容を読み上げ、「香港警察・中国政府はN君をかえせ!」「14人を即時釈放しろ!」「反WTOデモへの弾圧を許さないぞ」などのシュプレヒコールをあげ、解散しました。短い集約時間にもかかわらず、賛同していただいたみなさまに感謝いたします。