FW: 【反WTO闘争弾圧救援会より】12・30裁判報告

以下、転送します。
これまでの裁判は拘留延長公判であり、これから起訴公判が始まります。
———-
みなさま
(転送・転載歓迎。重複送信ご容赦ください)

※救援会のブログを開設しました。随時更新していきます。
http://anti-wto.seesaa.net/

昨日の裁判の結果を報告します。

N君たちは解放されませんでした。

検察側から起訴状が出され、昨日の裁判の時点で正式に起訴され
たということです(一時帰国していた台湾のメンバーも、香港に戻っ
てきて出廷したそうです)。
起訴状にある罪状は非合法集結(Unlawful Assembly)のみで、懸
念されていた追加起訴はなかったとのこと。
しかし、起訴状の内容に事実誤認がいくつかあり、協議の結果、起
訴事実について争っていくという方針で韓国側メンバーとN君は意
志一致したとのことです。

よって判決は出ず、次回公判は1月11日に持ち越しになりました。
今後、場合によってはかなりの長丁場になることも予期されるとい
うことです。

N君たちは収監されることはなく、これまで通り毎晩警察署に出頭
する必要があるほかは、自由に行動できるとのことです。N君自身
も「いたって元気」とのことです。

私たちは引き続き、香港・中国当局にN君たちの完全解放を要求し
ていきたいと考えています。
ご注目、ご支援をよろしくお願いします。

<12・29在大阪中国領事館行動報告>
12月29日には14名の解放を求める韓国、香港、日本での国際
共同行動が取り組まれました。日本では東京・大阪で中国大使館・
領事館に対する要求行動が行われました。

(東京の報告については以下から読めます)
http://www.labornetjp.org/

大阪では、まずうつぼ公園に集合し、約20名で領事館に向かった
ところ、前回同様警察による執拗な妨害を受けました。参加者の姿
・顔をしつこく撮影する公安刑事に抗議した参加者が手をはたかれ、
周りの参加者でこれに抗議するという場面もありました。
私たちよりはるかに多い人数の警官がインターホンの回りに集まっ
た参加者を取り囲み、「交通の邪魔だから」などという警官自体が
道路をふさぎ、通行の邪魔をしている、という異様な状態でした。

前回とおなじく、領事館関係者は誰も外にはおらず、インターホン
を押しても今度は返事もなし。10分ほどしてその場から電話をか
け、出た職員に「申し入れをしたいので出てきてほしい」と言うと、
話が終わらないうちに途中で通話をぶちっと切られるという、信じ
がたい対応をされました。

もういちどかけてみると、「もしもし」と言った瞬間に切られ、3
度目にかけてみると、留守電になっていました。一国の領事館とし
ての職務を放棄したにひとしい対応に一同あきれはて、今後もさま
ざまな方法で抗議を行っていくことを確認し、申し入れ書を読み上
げ、ポストに投函し、「N君をかえせ!」「仲間をかえせ!」とシュ
プレヒコールをあげてから引き上げました。

29日の時点で、声明には団体53件、個人81件、計134件の
賛同をいただきました。ありがとうございました。

<お願い>
N君を含む14名の解放を求める手紙を以下へ送ってください。
簡単なもので結構です。

【中華人民共和国駐日本国大使館】
FAX:03-3403-3345(中国大使館総務部)
e-mail: info@china-embassy.or.jp
手紙:〒106-0046 港区元麻布3丁目4-33
駐日中国大使館 特命全権大使 王 毅 殿 宛

【在大阪中華人民共和国総領事館】
FAX:06-6445-9476
e-mail: info@consulchina-osa.jp
手紙:〒550-0004 大阪市西区靱本町3丁目9-2
駐大阪中国総領事館 総領事 邱 国洪 殿 宛

【香港行政長官と保安局局長】
英語の手紙を書ける方は、以下の宛先にお願いします。

Chief Executive of HK: Mr Donald Tsang
ceo@ceo.gov.hk

Head of the Security Bureau: Mr Ambrose S.K. LEE sbenq@sb.gov.hk

<さらにお願い>
ひきつづき、N君のための救援カンパを募っています。香港での救
援活動を担っているHKPA (Hong Kong People’s Alliance on WTO)
も現地で救援カンパを募ってくれていますが、逮捕者の人数が14
名と多いこともあり、今後財政的に厳しくなることが予想されると
のことです。弁護士の通信費や事務費、滞在先の教会の光熱費など
を負担する必要があるとのことです。その他滞在中の費用や、完全
解放された場合、帰国のための費用もかかります

カンパの振込は、以下の口座までお願いします。

郵便口座:00950-4-88555(人民新聞社名義)
※救援カンパは「WTO」などと明記して下さい。

反WTO闘争弾圧救援会