【反WTO闘争弾圧救援会より】1・9大阪駅前情宣活動報告

(転送・転載歓迎。重複送信ご容赦ください)

 本日9日は、11日の予審に向けて、14名のWTO被弾圧者の即時解放を求める国際連帯同時行動が取り組まれました。
 大阪では、JR大阪駅前で街頭情宣・ビラまきを行いました。緊急の呼び掛けにもかかわらず、10数名が集まり、WTOの推し進める政策を批判し、今回の弾圧の不当性をアピールしました。
 公安・警察は遠巻きに監視していましたが、直接的に介入することもなく、駅前の通行人に対してハンドマイクで快調にアピールすることができました。通行人の中には、自分からビラを取りに来てくださる方もおり、ビラはけは非常によく、用意していた400枚弱のビラも一時間ほどで一気になくなりました。
 大阪のほかに、東京では集会が取り組まれ、東京・六本木駅や長野・松本駅で駅前街頭ビラまきが行われるなど、日本の救援活動も広がっています。また、8日付の朝日新聞では、3名の韓流スター(イ・ヨンエ、イ・ビョンホン、アン・ソンギ)が14名の早期帰国を求める嘆願書を香港政府に提出したとの報道がありました。

[時事通信]韓流スター3人が請願書=WTOデモ拘束者の釈放要求―香港
www.asahi.com/international/update/0107/010.html
www.ocn.ne.jp/news/data/20060107/a060106190704.yoyq1r02.html
headlines.yahoo.co.jp/hl
news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1612717/detail

<現地香港より続報・みなさまへのお願い>

 11日の予審では、起訴が確定される危険があります。1月5日より始まったWTO被弾圧者12名の無期限ハンガーストライキは、現在も続けられ、救援弁護士や現地救援会も起訴取り下げ・早期帰国を求めて、連日の活動を続けています。香港警察による弾圧を跳ね返すには、現地だけではなく国際的に私たちの声を届ける必要があります。引き続き、起訴取り下げを求める手紙を香港政府に送って下さい。(簡単なもので結構です。)

※手紙のサンプルは以下にあります。
daga.dhs.org/hkpa/index.html

【香港当局】
曾蔭權 行政長官
Chief Executive of HK: Mr Donald Tsang
FAX+852-2509-0577 メールceo (at) ceo.gov.hk

李少光 保安局局長
Head of the Security Bureau: Mr Ambrose S.K. LEE
FAX+852-2868-5074 メールsbemq (at) sb.gov.hk

李明逵 警務署署長
FAX+852-2528-9400 メールcp (at) police.gov.hk

Pascal Lamy
FAX+41-22-731-42-06 メールenquiries (at) wto.org

※英文手紙のサンプルは以下にあります。
daga.dhs.org/hkpa/index.html

※手紙の写しを以下へも送っていただけると幸いです。
【香港現地】
antiwto2005 (at) naver.com
hkpa.documentation (at) gmail.com

【日本側救対】
people (at) jimmin.com
06-6572-9441(人民新聞社FAX)

<カンパのお願い>

 ひきつづき、N君のための救援カンパを募っています。香港での救援活動を担っているHKPA(Hong Kong People’s Alliance on WTO)も現地で救援カンパを募ってくれていますが、逮捕者の人数が14名と多いこともあり、今後財政的に厳しくなることが予想されるとのことです。弁護士の通信費や事務費、滞在先の教会の光熱費などを負担する必要があるとのことです。その他滞在中の費用や、完全解放された場合、帰国のための費用もかかります。

郵便口座:00950-4-88555(人民新聞社名義)
※救援カンパは「WTO」などと明記して下さい。

<N君からのメッセージ 1/9>

 みなさん、お疲れ様です。
 私が香港に到着して、一ヶ月が過ぎました。この間は驚きと感動の連続でしたが、いまは、とてもたくさんの人々が私たちとともにたたかっていることに、強く感動しています。
 ハンストをしているフェリー乗り場前には、連日たくさんの香港市民の方が応援の声を寄せてくれています。支援のスタッフも若い仲間を中心に、毎日毎日がんばっています。
 すべての人に感謝したい。そして、このようなたたかいを仲間と一緒にたたかえる私は、幸せです。
 ですが、私は今すぐに大阪に帰らなければなりません。大阪市は靭(うつぼ)公園や大阪城公園で強制排除に向けた手続きに入りました。長居公園では少年らによる連続襲撃事件でついにケガ人が出ています。心労で倒れた仲間もいます。
 仲間のいのちが危険にさらされている!私の大切な友人である野宿の仲間たち!最も貧しきかれら!WTOの導く、競争社会の犠牲者であるかれら!
 私はいますぐにかれらのもとに帰りたい!帰って一緒にたたかいたい!
 悔しいです。
 ですが、私はこの香港で韓国の仲間とともに、精一杯のことをしたいと思っています。完全な釈放を勝ち取る日まで、つねに野宿の仲間のことを心に置きながらたたかいます。

反WTO闘争弾圧救援会
anti-wto.seesaa.net/