Archive for the 'Japanese' Category

International Solidarity on 29th, Dec.

Posted in *news, Japanese, English on December 29th, 2005

Calling in Osaka:

12・29国際統一抗議行動

あさって30日の裁判を控え、29日に中国政府・香港当局に対する国際抗議行動が呼びかけられています。大阪でも、反WTO行動への弾圧に抗議し、14名の自由を取り戻すべく、中国総領事館に対する抗議行動に取り組みます。ぜひご参加ください。

在大阪中国総領事館に対する国際統一抗議行動
12月29日(木)15時
うつぼ公園西側(あみだ池筋側)集合
(最寄駅:地下鉄阿波座)

More videos & photos, and more!

Posted in *news, Japanese, English on December 26th, 2005

Some pictures of Solidarity Protest Picket Of HK Trade Offices In San Francisco on 23th by Steve Zeltzer from U.S.
-> http://gomediaction.net/en/index.php/2005/12/25/89/

Steve Zelter より、サンフランシスコからの連帯抗議運動の写真


Photos on the urgent action and bail-out in front of the court on 23th:
at go mediaction.
Also here’s a video (in Eng.) “RE protesters bail-out on 23th”:

bail money: 2,500 HKD
the 14 prosecuted should stay the due place in HK, until the final decision.
next hearing at court is supposed to be held on 30th of Dec.
Korean consulate in HK denied 11 korean protesters’ identities twice.
Korea Struggle Mission try to put more pressures on it.

-> http://gomediaction.net/en/index.php/2005/12/25/90/
and photos as well at http://gomediaction.net/en/index.php/2005/12/25/91/

被疑者保釈、保釈金:2,500HKドル(約3万8千円)。被疑者は最終判決が下されるまで香港に滞在せねばならない。次回尋問は30日に予定されている

Anti-WTO Songs:
on In-media Hong Kong.

And here’s an evident photo album:
on the Police Violence during the 6th WTO in Hong Kong.

Rubber Bullet

Posted in *news, Japanese, English on December 26th, 2005

The police force denied the use of rubber bullet even though many of Hong Kong citizens reported. Some of activists in Hong Kong try to collect evidence such as photo, video, and so on. Please let us know.

数々の報告があるのにもかかわらず、警察はゴム弾銃を使用したことを否定した。香港の人々は、写真やビデオなどの証拠を集めようとしている。なにか証拠をお持ちであれば連絡をいただきたい。

なお、仮釈放に満足せず、全員の無条件釈放を求める。

FW: 【反WTO闘争弾圧救援会より】N君仮釈放!

Posted in *news, Japanese on December 24th, 2005

Quick report on Japanese protester’s bail-out, even though s/he should stay the due place in HK, until the final decision at least ’til the next hearing on 30th.


昨日の第二回公判の結果を転送します。

________________________________________
みなさま

反WTO闘争弾圧救援会/釜ヶ崎パトロールの会のKです。

先ほど現地から電話があり、今日の裁判でN君は仮釈放になったとのことです。手続き中で本人はまだ出てきていないそうですが、とりあえず一同安堵しています。今後の見通しについてはまだなんともいえない、とのことですが、次回裁判は12月30日14時30分からで、少なくともそれまでは香港にとどまらねばならないということです。引き続き、N君含め14名の逮捕・勾留は反WTOデモへの不当弾圧であるという立場から、無罪判決を求めて行動していきたいと思います。

なお、昨日15時より、大阪市西区にある在大阪中華人民共和国総領事館に対してN君をふくむ14名の即時釈放を求める申し入れ行動が行われました。N君が関わっている野宿者運動などのメンバーや、友人など約30人で領事館に向かったところ、ガードマンすら外には立っておらず、公安警察数十人が建物の周囲と周辺道路を取り囲むという厳戒態勢でした。

インターホンを押し、出た係員に申しいれの趣旨を説明し、手渡したいので領事を呼んでほしいと伝えたところ、「領事は外出していて不在。他の者が受け取りにいくこともできない。申し入れ書はポストに入れておいてくれれば受け取る」と拒否されました。やむなく、領事館のポストに63団体・個人が賛同連名した申し入れ書を投函し、その後正面前で内容を読み上げ、「香港警察・中国政府はN君をかえせ!」「14人を即時釈放しろ!」「反WTOデモへの弾圧を許さないぞ」などのシュプレヒコールをあげ、解散しました。短い集約時間にもかかわらず、賛同していただいたみなさまに感謝いたします。

反WTO闘争弾圧をゆるすな!抗議声明への賛同をお願いします

Posted in *news, Japanese, English on December 22nd, 2005

petition and protest!
# here’s also a statement from Korean activists.

Urgent action will be in front of the general consulate of China in Osaka
at 15pm on 22th, Dec. 2005.


(以下、転送・転載を歓迎します)

すべてのみなさん!

 12月17日、WTO(世界貿易機構)閣僚会議に反対する民衆デモが香港で大規模に行われ、その中で韓国の農民・労働者を中心としたメンバー約1000名が香港警察によって不当にも大量逮捕・拘束を受けました(詳しい経緯については、以下の抗議声明をお読みください)。

 世界各国からの参加者とともに、かれらと行動をともにしていた日本からの参加者数名も拘束されました。19日夕方までに大半が釈放されたものの、大阪で日雇・野宿者運動などに取り組んでいる私たちの友人、N君をふくむ14名(韓国人11名、中国人1名、台湾人1名、日本人1名)が勾留延長され、いまも獄中にあります。

 私たちは、世界の至るところで失業と貧困を拡大させ、一握りの人間に富を集中させるかわりに民衆の生きる権利を否定するWTO会議に実力でもって反対の声を叩きつけたデモ参加者に対し、心からの敬意と連帯を表明します。そして、暴力で持ってかれらの声を圧殺しようとし、今なお不当な拘束をつづける香港警察・中国当局に抗議します。

 WTOが進めようとする自由貿易に代表される、国境を越えた弱肉強食の資本主義の世界化=グローバリゼーションに反対する世界各地での民衆闘争において、これまで国家・資本の側はつねに暴力をもって酬いてきました。1999年のシアトルWTO闘争における大量逮捕と警察の暴力、2001年ジェノバサミット闘争における警察によるデモ参加者虐殺などをみても明らかです。

 今回、N君は最初名前などを聞かれたのみで、現在にいたるまで尋問などいっさいなしに拘束され、月曜に突如「勾留延長」を告げられたとのことです。この一点だけを取ってみても、香港当局が挙げている「非合法集結の罪」などは口実にすぎず、デモに対する報復弾圧であることは明らかです。

 現在、香港では14名の不当逮捕に反対する支援活動が取り組まれています。弁護団が結成され、支援者とともに差し入れや面会を行っています(さいわい、N君は健康に別状なく、元気とのことです)。21日は裁判の行われる観糖法院の外で、韓国農民連盟や香港の団体がともに、3000回の叩頭による抗議行動(頭を地面に叩きつける)を行いました。22日には繁華街でのキャンドル集会が持たれ、14名の状況と香港警察への抗議を市民に訴え、街頭での救援カンパ活動を展開します。2度目の裁判が行われる23日には裁判所前での抗議と14名への激励行動が予定されています。韓国と台湾においても、すでに支援集会が取り組まれています。

 私たちも、この日本の地からやれることをやっていきたいと思います。14名の即時釈放を中国政府に訴えていくとともに、かれらが身をもって世界に発した叫びを受け止め、広げていきたいと考えます。ともに、行動しましょう。

<行動提起>
以下の抗議文を22日木曜に在大阪中国総領事館に提出、14名の即時釈放を訴えます。
12月22日(木)15時に領事館前(大阪市西区靫本町3-9-2、最寄駅:地下鉄阿波座)にお集まりください。

(以下、抗議声明)

駐日中国大使館 特命全権大使 王 毅 殿
駐大阪中国総領事館 総領事 邱 国洪 殿

反WTO闘争弾圧救援会

失業と貧困、不平等と戦争を拡大するWTO反対!
日雇・野宿者運動メンバーN君をかえせ!
1149名不当逮捕糾弾!デッチ上げによる14名の起訴・弾圧裁判を中止せよ!
香港WTO抗議行動への弾圧・起訴攻撃に対する抗議声明

 失業と貧困、不平等と戦争を拡大するWTO(世界貿易機構)閣僚会議が12月13日から18日まで香港で開かれた。韓国の労働者・農民をはじめ世界中から香港に集まった民衆は、新自由主義グローバリゼーションによる「死の行列を止めるために」、17日、WTO閣僚会議の中止を求める集会を開き、会議場のあるコンベンション・センターに向けて抗議デモを行なっていた。これに対して香港警察は不当にも、催涙弾、電気棍棒、ゴム銃弾でデモ隊に襲いかかり、多数のデモ参加者を負傷させ、暴力的に強制解散させようとした。韓国民衆闘争団はこの暴挙に抗議し、貧しき人びとを翻弄し命を奪うWTOを弾劾する1000名規模の抗議集会をコンベンション・センター前で行なった。この抗議集会には、数年来、韓国の失業・野宿者運動や日雇労働運動との共同闘争を進めてきた日本の日雇・野宿者運動のメンバーN君も報道の任務を担いながら参加していた。これに対して警察当局は集会周辺の道路を完全封鎖した上、集会参加者を10時間に渡って監禁状態に追い込み、18日未明から朝10時頃にかけて周辺で見守っていた人びとも含めてまったく不当にも全員を逮捕・連行した。拘束されたほとんどの人びとは当然ながら順次釈放されたが、香港の捜査当局は、N君を含む14名を「非合法集結の罪」で、19日、拘留延長を打ちおろし、23日に開かれる法廷で起訴するとしている。

 韓国民衆闘争団をはじめとするWTO抗議行動は、WTO閣僚会議の「合意」の如何によって参加者自らとその仲間たちのまさに生き死にがかかっているが故に、根源的・徹底的な闘争である。だからこそ、様々な創意工夫をこらした闘いは香港市民の喝采と支持を浴びてきた。私たちはまず、これらの一連の反WTO行動を断固支持する。新自由主義グローバリゼーションによって拡大する「棄民化」を強いられ社会の底辺で日々困窮するこれらの人びとの立ち上がりと国境を越えた結びつきによって、必ず希望は取り戻されるだろうし、私たちはいかなる弾圧をも跳ねのけて前進することを決してやめない。私たちの前進を阻み、人権侵害や弾圧でもって応えようとする香港当局に対して怒りをもって弾劾し、以下のことをただちに実行することを要求する。

1.逮捕・拘留延長を強いられたN君と13名の仲間を解放せよ。
2.デッチ上げによる起訴・弾圧裁判を今すぐ中止せよ。
3.12月17~18日に不当逮捕した1149名の仲間に対して謝罪せよ。

2005年12月22日

抗議声明への連名賛同のお願い

 私たちは、WTOに対してまったく正当な抗議行動を展開しながら弾圧されたことに対して、容認できません。あの抗議行動は5%のためのWTOではなく、「もう一つの世界を」求める95%の民衆の願いを体現する行動であったと確信しています。その行動と要求が新自由主義の根幹を揺るがすものであったが故の報復弾圧であるだろうと感じています。そして、このような不当逮捕・弾圧を拡げさせないためにも、多くの方にご支援・ご注目と、可能なら以下の抗議声明への賛同連名をお願いします。(賛同していただける方はお名前・団体名と肩書きをお書き添えの上、FAXまたはメールでお送り下さい。お名前・団体名はビラなどで公表させていただきます)

※第一次集約は、12月22日午前11時とさせていただきます。
※それ以後に届いた分も、ビラなどに順次追加していきます。

賛同団体(12月22日午前1時/順不同)

釜ヶ崎パトロールの会/長居公園仲間の会/西成公園よろず相談所/うつぼ公園自治会/沖日労と連帯する会(釜ヶ崎)/高齢者特別就労組合準備会/布施夜回り準備会/渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合/野宿労働者の人権を守る会/「持たざる者」の関西連帯行動/釜ヶ崎地域合同労組/釜ヶ崎炊き出しの会/釜ヶ崎医療連絡会議/失業と野宿を考える実行委員会/釜ヶ崎連帯委員会/在日アジア労働者と共に闘う会/山谷労働者福祉会館活動委員会/グローバリゼーションを考える日雇・野宿者運動準備会/日雇全協・山谷争議団/関西非正規等労働組合(ユニオンぼちぼち)

反WTO闘争弾圧救援会

連絡先:
06-6572-9441(FAX)
06-6572-9440(TEL)
e-mail: people@jimmin.com
郵便口座:00950-4-88555(人民新聞社名義)
※救援カンパは「WTO」などと明記して下さい。

urgent action! 支援抗議世貿被羈留人士行動

Posted in *news, Japanese, English, Chinese, Korean on December 21st, 2005

original: inmediahk

今晚於工盟開會討論如何支援被捕的14名示威者. 從HKPA裡聽說, 有韓農希望盡快救出被捕的同志, 準備於明天4時開始於觀塘裁判署門外叩3000個響頭.

我們即時的反應是希望阻止他進行這種自殘的行為, 但即使能阻止, 又可以如何盡快地救出14個被捕的國際朋友? 此外, 我們還有一堆朋友在觀塘警署外絶食… 冬至將至, 我們能否及時讓他們回家吃頓飯?

為此, 請各位於12月21日下午2:30pm, 於觀塘地鐵站集合, 以行動聲援絶食的朋友, 並及早阻止韓農作出自殘身體的行為. 請廣傳.


japanized by Kong Yee Sai Mau(抗議世貿)
拘留されている14人を取り戻すために、hkpaは緊急アピールを出して、行動を呼びかけています。
香港現地での取り組み

1. 21日午後4時から韓国の全農は、Kwun Tong District Court, Kowloon(観塘裁判所)前で、3000回おじぎをする(頭を地面につける、いわゆる叩頭の礼)。 /2. 香港の活動家は18日からハンストを続けている。/3. 12月22日に勾留されている3つの拘置所を象徴的に訪問する。再会を表すTong Yuenデザートを持参する。 /4. 12月22日午後9:00〜11時に、そごうデパートの前の歩道でキャンドルライトを行う。5. 12月23日午前11:00から、観塘裁判所の外でデモをする。

国際的な行動

1. 香港当局に連絡して、即時釈放と起訴取り下げを要求する/2. 23日の裁判所前のデモに際して、連帯メッセージを送る。 /送付先:documentation@gmail.com /3. 23日以前に、各国の中国大使館に抗議する。

22日には、在大阪中国総領事館で抗議行動の予定
+HKPA緊急声明(日本語訳)


additional information:
original: hkpa on wto

各位朋友:
支援抗議世貿被羈留人士行動

昨晚民間監察世貿聯盟發起一次緊急會議,以籌謀支援抗議世貿被羈留人士行動及部署,例如:媒體、食宿、法律支援、籌款等。由於下一次上庭為23/12,而短期目標旨在製造壓力,逼使政府立即無條件放人,以下為三次聲援行動,希望各位朋友抽空出席。

由於事態緊急,通知時間不足,煩請體諒及盡力廣傳各團體。詳情如下:

一) 南韓全國農民會總聯盟(Korean Peasants League)發起要求立即釋放抗議世貿被捕人士的行動,舉行叩頭3000次及絕食行動,直至12月23日晚上時為止。期間,希望本港及海外人士可以分段參與,以及到場聲援,詳情如下:

日期:2005年12月21日/時段:a. 上午8時至10時30分/b. 上午11時30分至下午2時30分/c. 下午3時30分至5時30分/d. 晚上6時30分至9時/地點:觀塘法院正門外/參與及聯絡:3173 8412 阿珊

二) 冬至探監行動及燭光晚會

冬至當日,我們會下午兵分三路分別探監,分別為秀茂坪警署、黃大仙警署及慈雲山警署,之後當晚大家食完冬至飯後,會到銅鑼灣崇光對出行人專用區(韓農每晚燭光晚會的地方)燭光晚會

探監行動
日期:2005年12月22日(星期四)/集合時間:下午4時/地點:觀塘地鐵站恆生、黃大仙地鐵站恆生/查詢電話:27708668 阿昭

燭光晚會
日期:2005年12月22日(星期四)/集合時間:晚上9時至11時/地點:崇光對出行人專用區(東角道)/查詢電話:2770 8668阿昭

三) 23/12法院外聲援
日期:2005年12月23日(星期五)/集合時間:上午11時/地點:觀塘法院/查詢電話:2770 8668阿昭


original: hkpa on wto

Actions for Supporting Action to Detainees
There will be 14 protestors prosecuted in Kwun Tong
Magistrates Count on 23rd Dec.
Several actions will hold.
Detail as follow:

Korean Peasants League hold a protest action demanding the release of the arrested. A korean framers, Lee, will bow 3000 hits, and carry out hunger strike at the same time, until 9:00pm on 23rd Dec. At the same time, supporters (HK people or overseas) will join in different time slot.
Date: 21st December, 2005 (Wed)
Time: a. 08:00-10:30/b. 11:30-14:30/c. 15:30-17:30/d. 18:30-21:00
Venue: Front Gate, Kwan Tong Law Count/Contact: 3173 8412 Suzanne

Visiting the Protestors
Date: 22th December, 2005 (Thr)/Time: 4:00 p.m./Venue: Kwan Tong MTR Hang Sun Bank , Wong Tai Sin MTR Hang Sun Bank/Contact: 2770 8668 Ah Chui

Candle Light Assembly
Date: 22th December, 2005 (Thr)/Time: 9:00 p.m./Venue: Pedestrian Precinct, East Point Road, Causeway Bay, Hong Kong/Contact: 2770 8668 Ah Chui

Supporting 14 protestors Action
Date: 23th December, 2005 (Fri)/Time: 11:00 a.m./Venue: Kwun Tong Magistrates Count, Kwun Tong MTR D4 Exit/Contact: 2770 8668 Ah Chui


also another action in Osaka will be comming in 22th.

抗議行動@大阪

Posted in *news, Japanese on December 21st, 2005

Urgent action in front of the general consulate of China in Osaka

起訴された人民新聞記者の解放を!

抗議行動 12/22(木)午後3時~
中華人民共和国大阪駐在総領事館前(大阪市営地下鉄「阿波座」駅9番出口)

人民新聞記者逮捕

Posted in *news, Japanese on December 21st, 2005

A reporter from an independent news paper ‘people’s news‘ in Osaka, Japan was arrested and prosecuted in 19th, Dec. People’s news is calling for solidarity against neoliberal globalism.

人民新聞より———-
12・13~18で開催されていたWTO香港閣僚会議と、それにデモンストレーションをもって抗議する民衆への取材をしていた、本紙記者Nくんが18日未明に香港警察に身柄を拘束され、12/19、起訴されました。

韓国からのデモ隊に同行して取材中の出来事だと思われます。本人は元気でこれといったケガなどもなく、元気で完全黙秘しているようです。

人民新聞は、今回かけられた韓国民衆への狙いうちの不当な身体拘束と、連行・取り調べ時の数々の人権侵害に対して、香港政府に断固として抗議します。

私たちは、新自由主義的グローバリズムによって、貧困と不平等、戦争と暴力を拡大するWTO閣僚会議反対の人々の闘いを支持し、ともに「もう一つの世界」を目指す立場に立ちたいと考えます。

◎香港政府は連行者を直ちに釈放せよ!
◎身柄拘束した本紙記者Nくんをただちに解放せよ!
◎香港政府はWTO反対行動への弾圧を謝罪せよ!
◎貧困と不平等、戦争と暴力を拡大するWTO反対!

また皆さんに、救援カンパをよびかけます。とりあえず現時点では独自救援会などは組織されておりませんので、下記人民新聞社の郵便振り込み口座に「WTO救援カンパ」と明記して振り込んでいただけると幸いです。
▼00950-4-88555「人民新聞社」
※「WTO救援カンパ」と明記してください

香港WTO〜不当拘束の状況

Posted in *news, Japanese on December 20th, 2005

Labornet Japan reports the situation on the mass arrest in the early morning 18th, Dec.

WSF連絡会事務局O氏による12月18日未明の大量拘留の模様が報告がレイバーネットに掲載された:
http://www.labornetjp.org/news/2005/20051219m1/

「12月17日午後より夜にかけて、デモ隊がWTO会場に向かいましたが、警官隊に阻止されました。その後、会場近くで、韓国を中心とした世界各地の農民、それを支援する香港一般市民、NGO団体など、1000人近くが集会を開いていました。私もこの時点で集会に来ました」

「すると午後11時ころから、集会をおこなっている周囲を香 港の警官隊が徐々に封鎖し始めました。1列から2列の警官隊は 楯と棍棒をもって、四方の歩道も車道も完全にブロックし、集会参加者、特に韓国の農民たちを解散できないようにしました。集会にいた人々は、口々に解散・解放させよと発言していました」

「そして、日付が変わるにつれ徐々に包囲を狭めてゆき、午前 4時〜5時頃からひとりずつ拘束し、近くの警察に連行し始めました」

Kong Yee Sai Mau(抗議世貿)にも同様の記述がみられる:

「WTO閣僚会議に抗議するデモ隊に対して催涙弾が投入されました」

「17日、午後からビクトリアパークを出発した韓国労働者、農民団体を中としたデモは、WTO会場に迫る行動を展開」

「夜8時過ぎ、…催涙弾が打ち込まれました。 催涙弾にも耐えて、抗議行動を展開していたデモ隊を包囲するように、周辺エリアを封鎖し、警官隊の包囲網が狭められ、一切の出入りはできなくなりました。 包囲された900名の人々は徹夜で闘争を貫徹しましたが、早朝に警察が全員を連行」

また、WTO閣僚会議阻止のための韓国民衆闘争団の解放要求も訳されている


続報:不当に拘束された参加者の大部分は19日夜に解放された
現在、韓国からの他、台湾、日本からの計14名が起訴されている模様