行政代執行当日の行動指針(当事者よりお願い)

2007/02/04, 22:32

img07020004_1 長居公園仲間の会より
強制排除への抗議行動に参加されたみなさまへ

 おつかれさまです。野宿労働者への強制排除を、自らの課題として、大阪市への抗議に駆けつけたみなさまに感謝と敬意を表します。仲間の会よりいくつかみなさまにお伝えし、お願いしたいことがありますので、よろしくお願いします。

☆原則的に、あくまで非暴力での抗議を貫きます。わたしたち野宿労働者は争いを求めているのではなく、問題を解決するための話し合いを求め続けています。市職員や警察の挑発に乗るようなことはないようにしてください。周りの仲間と声を掛け合って、けっして無理のないかたちでの抗議行動をお願いします。

☆仲間の会としては、このかん作り上げた「強制撤去に反対する思いを込めた芝居」を代執行の現場で、ガードマン・市職員を前にして上演することを最優先したいと考えています。仲間の会が10年の取り組みの中で作ってきた地域とのつながりや、若い仲間とのつながりを最大限に生かす闘いをやっていきたいからです。ぼくらは地域の中でずっと暮らしてきました。暮らしの延長線上に今回の芝居があり、生活と一体のものとして強制撤去への抵抗があります。仲間は「芝居で闘うんだ」「おれたちのせりふを聞かせたら勝ちだ」と思いを固めています。
 そのために、みなさまには「芝居の舞台を防衛すること」「芝居の邪魔をさせない/しないこと」を要請します。かなり無理のある要請をしますが、上演中のガードマン・市職員の挑発・介入に対しては、せりふの妨げにならないよう可能なかぎり無言で対応されるようにしてください。
 もちろん緊迫した事態になれば、いったん上演を中止し、膠着したら再開したり、場合によってはフェンスの外に出てから再開するなどの臨機応変の対応をとります。

☆指揮団の支持に従った行動をとっていただくよう、徹底をお願いします。特に、「静かにする」「撤退する」の合図に注意を傾けてください。

☆以上のことを最低限のルールとし、皆様のそれぞれの足場から、それぞれのやり方で抗議行動を行ってください。

(以下略)