[トップ][編集履歴][一覧][最近の更新][->English]

大阪・長居公園のテント強制撤去…650人、一時騒然(読売新聞)

大阪市は5日午前、8月に「陸上世界選手権大阪大会」が開催される長居公園(東住吉区)で暮らすホームレスのテント13張りを、行政代執行法に基づいて強制撤去した。市は「公園の散策道整備」を撤去の理由としており、ホームレスや支援者計約150人が反発、市職員ら約500人ともみ合いになり、現場は一時騒然となった。

 市によると、テントは住居や倉庫に使われており、ホームレスや支援者計6人が居住。この日、市側は職員約200人と警備員約300人を動員、大阪府警の機動隊が周辺を警備した。

 午前9時、市職員が拡声機を使い、代執行の着手を宣言。ホームレス側からは、「帰れ」「どうやって生きていけばいいねん」などと怒号が飛び、テントが撤去されても、座り込みなどで抵抗を続けた。

(写真)ホームレスや支援者らが抗議するなか、テントを撤去する市職員ら(5日、大阪市東住吉区の長居公園で)=大久保忠司撮影

 代執行は正午過ぎに終了。市は後日、同法に基づいて、テントの所有者に1張り当たり約10万円の撤去費用を請求する。

 園内には、昨年10月時点でテントが28張りあり、21人が住んでいた。公園の散策道整備は今月から実施する予定で、都市公園法に基づく除却(撤去)命令や職員の説得などに応じ、前日までに15人が自主退去した。

 市は、昨年1月にも、「世界バラ会議大阪大会」などの開催に伴う公園整備のため、靱(うつぼ)公園と大阪城公園でテント計27張りを撤去。市職員1人とホームレス側数人がけがをした。1998年には、市立今宮中学(西成区)南側歩道のテントを「教育環境の悪化」を理由に撤去しており、市の行政代執行法によるホームレスに対する強制措置は3度目。

 関淳一・大阪市長は「市民から快適に公園を利用できないとの声が多く寄せられたため、自立支援策を示したうえで、自主撤去の指導・勧告を行い、説得を続けてきた。最後まで応じてもらえず、やむを得ず代執行を行った」とのコメントを発表した。

(2007年2月5日 読売新聞)

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070205p202.htm