[トップ][編集履歴][一覧][最近の更新][->English]

大阪市 公園のテント強制撤去(NHK)

強制撤去されたのは、大阪・東住吉区の長居公園で生活している9人のホームレスの人たちの13か所のテントです。大阪市は、職員とガードマンおよそ500人を動員し、テントの周囲をバリケードで封鎖したあと、午前9時すぎからテントを強制撤去する作業を始めました。職員たちは、抵抗するホームレスの人たちを排除しながら、2時間ほどですべてのテントを撤去しました。およそ60人の支援者が、自分たちで作ったやぐらの周りに座り込み、「話し合いに応じろ」とか「強制撤去を繰り返すな」などと言いながら抗議を続けましたが、市側は、昼すぎにはそのやぐらも撤去してすべての作業を終えました。長居公園ではことし8月から陸上の世界選手権が開かれますが、大阪市は、これらのテントが公園の整備事業などの妨げになっているとして、先月5日から自主的に撤去するよう求めていました。大阪市がホームレスの人たちのテントを行政代執行法に基づいて強制撤去するのは、去年1月に大阪城公園などで撤去して以来です。

2月5日 15時52分

http://www3.nhk.or.jp/news/2007/02/05/d20070205000055.html