[トップ][編集履歴][一覧][最近の更新][->English]

生活保護

「日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮する全ての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。」と定められている。「生活に困窮する全ての国民」を対象にしているのであれば、野宿生活者は対象者のはずである。しかし、65歳未満・医者に稼動能力があると判断された場合、保護の適用を認めないとする運用がなされている。このような運用は違法であるとし、裁判を起こした「林訴訟」は、最高裁まで争われたが、2001年2月原告の林さんが死亡したことを理由に訴訟は終了され、上告も棄却された。