スタッフからのごあいさつ

も~しんどいっ!
それは、気持ちが折れそうになるくらい、心が孤独になってしまう時のような・・・。
「一体どうしたらいいの?なんであたしが?」そして、どんどん自分の事が嫌いになっちゃう。
かなりあしょっぷには、そんな固まりをちょびっとかつおーきく、そしてゆっくりと溶かしてくれる、他者とのつながりがあると思っています。ちょっと緊張してみたり、ちょっと微笑んでみたり、ちょっと今日は一緒に帰ってみたり、ちょっと落ち込んでみたり、ちょっと大きな声でしゃべってみたり。そんなちょっとが、いつか、まだ自分をあきらめたくなかったんだという、大きな力になるように思うのです。そして、相手の事も思いやりながら、あんなに嫌いだった自分の事を、これまたちょっと好きになれたり、認めてあげられたらいいですよね。あたし、大丈夫だよって。今は、そんな事を思い巡らしています。
今回、ドキムネしながらも、東京かなりあを始めさせて頂く事になりました、村上さや香と申します。よろしくお願いします。
かなりあなあなたを、いつでも待っています。

東京かなりあ 村上さや香


京都かなりあの管理人をしている、りょうです。
かなりあしょっぷに参加する側から、鍵開け管理人になって1年が過ぎました。
自分の気持ち・感情を表現するこの場所は、私にはかけがえのない場所です。
何かできる訳ではありませんが、たくさんの人とつながっていきたいと思っています。
お気軽に参加してくださいね。

京都かなりあ りょう


お医者さんの書いた本を読んでみても、カウンセリングを受けてみても、講演会に行ってみても、セラピーを受けてみても、なぜか全然元気にならない。これだけ「良い」と言われるものを試しているのに、なにかがちがう。さみしい。つまらない。
そんな人は多いのではないでしょうか。
商品やサービスを消費するだけでは決して得られない、人やモノとのつながりが、かなりあしょっぷにはあります。おしゃべりしたり、作ってみたり、なにかをたくらんでみたり、動いてみたり、そうやって楽しい体験を積み重ねるなかで、人は元気になっていくのではないでしょうか。そして、自分だけではない誰かのことを思いながら、みんなが元気に楽しく暮らすにはどうしたらいいんだろうと考え、行動を起こしていくきっかけとなる場が、かなりあしょっぷであったらうれしいな、と思います。
日々、そんなことを考えながら、わたしはかなりあしょっぷを続けています。是非、大阪かなりあにお越し下さい。待ってます。

大阪かなりあ 竹内優理


かなりあしょっぷを開店 して、いつのまにか10年が過ぎました。
その間、勇敢なかなりあ、泣き虫のかなりあ、理屈っぽいかなりあ、笑い上戸のかなりあ、怒り爆発のかなりあなど、実に多くのかなりあちゃんたちが、ぴーちくぱーちく鳴いてきました。次から次へと、フレッシュで騒しい鳴き声が、今も響き渡っています。たのもしく、おもしろく、人情味たっぷりのリーダー(ファシリテータ?部屋あけ人?)たちも生まれ、次世代へとバトンパスが可能になりました。
こんな歴史を刻んできたかなりあしょっぷですが、原点の「誰にも言えない想いを言える場」は、今も変わりありません。かなりあのあなた! いつでも、どこでも、気楽な気持ちで遊びに来てください。私たちは待っています。 そして、いっしょにキャッチボールをしましょ!

滋賀かなりあ/かなりあしょっぷ事務局 野村佳絵子