アピール・声明」カテゴリーアーカイブ

A君事件 裁判傍聴のお願い

生活保護申請ビデオカメラ弾圧
第四回公判の傍聴支援のお願い

日時:6月11日(金)11時20分~
(10分前には法廷前廊下に来て頂き、組合の担当者に必ず声をかけて頂く様お願いします。)
場所:大阪地裁 堺支部301号法廷(南海堺東駅徒歩10分)
内容:被告側証人尋問

速報・A君が保釈されました

第2回公判(26日)のあとに出した保釈請求が認められ、今日A君が保釈されました。
不当な逮捕、起訴、そして5ヶ月にもわたる拘束に耐え、やっと外に出られたのです。
本人も喜んでおりますし、周りもホッとしています。
ただ裁判は続きますので、今後ともご支援とご注目をいただけるよう、お願いいたします。

3月26日、第二回公判のお知らせ

生活保護申請ビデオカメラ弾圧
第二回公判の傍聴支援をよろしくお願いします!

関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち
賛同してくださった皆様や支援してくださった皆様へのお礼を、今まで発信して来なかったことを深くお詫び致します。
さらに度重なる支援要請をさせて頂くことは恐縮ですが、第二回公判の案内をさせて頂きます。
今回の事件の不当性に共感して頂いた皆様と持つことができた繋がりは、私たちにとって大きな財産となっています。心から感謝しています。引き続き、A君の釈放と無罪を目指して活動を継続していきますので、ご支援よろしくお願い致します。
1、傍聴支援の要請
第二回公判
3月26日14:10から
大阪地裁堺支部301号法廷(南海堺東駅、徒歩10分)
14:00までには法廷前の廊下に来て頂き、かならず組合の担当者に声をかけて下さる様お願いします。
2、A君からのメッセージ
賛同メッセージを送って頂いた皆様へ
 皆様たくさんのメッセージを送って頂きありがとうございます。
私が拘置所に来たばかりの頃は寒さが厳しく、何度も心が折れてしまい、自暴自棄な気持ちになりましたが、皆様の心強いメッセージが私の救いとなり、なんとか生き抜いていこうという気持ちにさせてくれました。本当に感謝しております。
 近頃は暖かかくなり、体も健康的になってきました。気持ちも少し冷静さを取り戻してきております。そして事件のことも冷静に振り返ることができ、留置段階では、事件が2ヶ月前ということもあり、厳しい取り調べで、検察・警察のストーリーを、そうだったかのように思い違いをしていたことが、少しずつ本当のことが思い出されてきて、今ではほとんどの事が整理できるようになりました。
 それをふまえて、真実は無罪だということを確信しております。しかし現状の司法の対応は私を有罪へと持っていくでしょう。この現状をどうか皆様に考えてほしいです。低所得者層がかんたんに犯罪者にされてしまう現状は危険です。草々
3、会計報告
簡単なもので申し訳ありませんが、会計について中間報告をさせて頂きます。
収入は個人・団体からの寄付です。
支出は、接見や差し入れ経費、事務経費などの、組合内での救援活動に充てています。
残高については、釈放までの救援活動及び控訴審における法廷闘争や本人の生活の建て直しに宛てる予定です。もしも最終的な残金があった場合の使途についてはまだ未定ですが、今後このような事件を起こさせない為の行為に使用させて頂きたいと考えます。
改めて謝意を表します。本当にありがとうございました。引き続きのご支援もよろしくお願いします。
□総収入 911,933
  現金カンパ 477,743
  振込カンパ 434,190 
■支出  190,908
――――――――――――
残高   721,025
(2010/02/25時点)
事件の概要は「ユニオンぼちぼちのブログ」の過去ログをご参照下さい。
http://rootless.org/botiboti/blog/
以上

生保申請ビデオ弾圧 賛同人・団体・メッセージ追加

賛同メッセージを追加します。前のメッセージは以前の記事をご覧下さい。
賛同人・賛同団体一覧を追加しました。
賛同していただける個人・団体は こちら からお願いします。
indra_of_red(ブログ「対貧困の正当防衛」)
罪なき者に罪を着せる腐敗した社会を白日の元に晒せ。国家権力と言う大きな力には大きな責任が伴う事を知れ。
裁判など面倒な手続きを踏ませて謝罪を遠ざけるな!謝るなら今謝れ大阪府柏原市福祉事務所職員
廣瀬巌
逆にその職員を公務員職権濫用罪で刑事告訴してはいかがでしょうか?
<刑法>
(公務員職権濫用)
第百九十三条  公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又
は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。
それと、私の告訴のノウハウも参考になさってください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=50286426&comment_count=16&comm_id=433277
【賛同人】(3月22日現在)
宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)、赤石千衣子(反貧困ネットワーク)、雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク副代表)、生田武志(野宿者ネットワーク代表)、小野俊彦(フリーターユニオン福岡執行委員)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、舟木浩(弁護士、反貧困ネットワーク京都事務局長)、白崎一裕(反貧困ネットワーク栃木共同代表)、さとうしゅういち(民主党員、福祉行政職員)、木村厚子(岐阜県)、小林希行、藤藪貴治(北九州市立大学非常勤師)、蓼沼紘明、イダヒロユキ(大学非常勤教員)、吉野一彦(クリニカルラボ御影院長)、藤田 博士(茨城保健生協組合員)、尾崎英樹(働かないホモセクシャル)、紺野茂樹、中野由紀子(「旗旗舎・東京」)、小塚太(ピースネット/市民平和基金:東京)、木下茅(東京女子大学非常勤講師)、竹林 隆(大阪教育合同労働組合書記長)、有園正俊(精神保健福祉士)、エッグマン(医療労働者・大阪)、白石草(OurPlanet-TV)、江上諭子(ビデオ作家)、林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)、清水裕(学生)、高野聡(活動家一丁上がり!講座受講生)、嶋田頼一、吉田卓史、細野秀太郎(オルタ)、庄野真代(活動家一丁あがり講座)、久保田健司、前田昭典、くまがいマキ(劇作家)、兼近修身、竹内絢(ふぇみん)、渡邊太(taiyoh.org)、匿名(神奈川:アルバイト)、花澤尚巳、森ひろみ(無職)、西村仁美(ルポライター)、澤田春彦(労働者友愛協会)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、ヒデヨヴィッチ上杉(バンドマン)、木村穣(ピースムービーメント実行委員会)、遠藤礼子(活動家)、桐原尚之、田中捷介、藤井光(美術家・映像ディレクター)、松元千枝(ジャーナリスト)、吉岡多佳子(非正規施設介護労働者/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち組合員)、加藤和博、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、大村智(明石書店労働組合)、鍬野保雄(一市民)、中村雅也(京都府立視力障害者福祉センター入所者)、藤田ひろみ・maqui,カトウ(サポートセンターMADO)、服部貴弘、園良太(フリーター全般労働組合共同代表)、古屋寛生(あすじゃ京都)、七瀬タロウ(精神障害者)、中沢浩二、松田一樹(郵政非正規労働者)、吉田信吾(ホームヘルパー)、松原明(ビデオプレス/レイバーネット日本)、大野直之(全国障害者介護保障協議会)、内野端樹(GOTCHA)、本田次男(きょうと夜まわりの会)、中村順(貧困当事者)、稲岡淑江、土屋トカチ(映像ディレクター・映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労組・派遣ユニオン)、金靖郎(難民を支援し、連帯する会)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク・フリーターズフリー)、湯川順夫、横山雄一、筒井雪江(永世中立宣言運動)、竹村洋介(近畿大学講師)、岡田雅宏、みさき、竹森真紀(北九州がっこうユニオン・うい)、加藤賀津子、佐藤龍市(「永世中立宣言」運動センター準備室事務局)、川原義人(個人)、阿部豊(介護ヘルパー)、遠藤賀子、大山千恵子(行政書士)、平田正造、横山隆英、ふるかわあすか、長濱洋一、藤喬(きょうとライフサポートセンター)、菊地、吾郷俊郎、斉藤郁夫、桑野浩一(無職渡世)、但馬けいこ(自立労連)、斉藤尚己、村上(管理職ユニオン・関西)、友延秀雄(ゼネラルユニオン書記次長)、吉田真治、内藤進夫(アルバイト派遣パート関西労働組合副代表・神戸事務所相談員)、森野櫟、石塚淳(生・労働・運動ネット)、数宝照夫(行政書士、奈良さわやかユニオン役員)、indra_of_red(ブログ「対貧困の正当防衛」)、廣瀬巌(順不動)
【賛同団体】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、生・労働・運動ネット、住まいの貧困に取り組むネットワーク、NPO法人青森ヒューマンライトリカバリー、自由と生存の家実行委員会、Media Champon、「働き人のいいぶん」編集委員会、なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会、フリーター全般労働組合、ピープルズ・プラン研究所、APFS労働組合、京都生協の働く仲間の会、フリーターユニオン福岡、全国「精神病」者集団、びよんどネット、労働者コミュニティーセンター・ながの、京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー、北九州がっこうユニオン・うい、夜まわり三鷹、永世中立宣言運動、大阪城公園ヨロズ相談所、中崎クィアハウス、日本国憲法第99条@mixiコミュニティ(順不動)

「A君無罪!釈放要求緊急集会」の報告

2010年1月15日(金)に「エル・おおさか」で集会が持たれ、70名ほどの参加で開催されました。
様々な人の発言や質疑応答で、この事件の本質や問題点がさらに浮き彫りになったように思います。
 
担当弁護士から今回の事件の概要とそれに対する今後の方針などが話されました。起訴はまったく意味がわからない不当なもの。ビデオをとったのは記録のためである、申請書を受理するのは当然なのにそれをすぐにしなかったことに対する行為だから問題ではない(違法な職務は保護されない)、A君には故意がない、身体拘束の必要もない、刑事司法の中で生活保護法が理解されていない、などが指摘されました。
「ユニオンぼちぼち」からは、この間の経緯とA君のユニオンでの活動状況、そして水際作戦の本質を「エンパワメント視点の欠如した排除的姿勢」ととらえ、今回の柏原福祉はまさにそれであったという話などがなされました。(全文を別掲します)
NPO法人釜ヶ崎医療連絡会議からは、福祉事務所勤務の方が生保の申請する側と役所にはパワーアンバランス(力の非対称性)があり、それを補うためにビデオ録画などの手段があるのだ、自分の経験でもやり取りを録音する人やファックス文書やり取りの人などいたが、それを受け入れなくてはならないものだという話、また過去の医療連活動での聞き取りから、多くの人が水際作戦的な冷たい対応をされてきた事例が紹介されました。またそれに対して、水際作戦的なことをするなという10項目の改善要求(97年)、対応の力をつける学習会、などをし、98年の佐藤裁判で役所との交渉をビデオにとったものをテープおこしして証拠として採用され、その裁判で勝って、野宿から直接民間アパートへの生保(敷金支給)が可能となったという話がありました。そうした運動があっての現在なのだということです。
2006年には厚生労働省も、申請権を侵害していると疑われるような行為自体も厳に慎むことということを手引きで明記しているということも指摘され、柏原福祉事務所はこれに反しているといわれました。
remo [NPO法人記録と表現とメディアのための組織]からは、1966年から釜が崎に街頭監視カメラが設置され、それ以降ずっと権力・警察側がカメラを使ってきたということ、いまやデモや集会なども高性能の数台のカメラですべて記録され事後的な逮捕にまで利用されていること、誰がだれに向かってカメラをおいているのかをみないといけない、警察が、犯罪予備軍、あるいはそういう人が多くいるであろう場所に向かってカメラをおいているのだ、という話がありました。またカメラの普及で様々な可能性も広がっているが、その統制も広がっている。「インディメディア」を作る活動をしてきたがそこでは匿名性を守ることに力点をおいてきた。だが権力は監視するために匿名性を奪おうとしている。今回のA君事件では、さらに一線を越えた統制への動きと見ることができる。つまり、ビデオ映像を使って何かをしたということが統制されたのではなく、記録したこと自体が犯罪とされたのだということ。
「インディメディア」では、匿名性を守ることに重点をおいていたが、その前の段階の記録すること自体まで守らねばならなくなったということでこの事件は重大である。このままではカメラを持つこと自体を躊躇するようにされてしまう。だからこそ、いっそう私たちは恐れずに記録し続けなくてはならない。みるべきものを見続けなくてはならない、という話がなされました。
質儀応答が活発になされた後、釜ヶ崎日雇い労働組合から、昔から法律を拡大解釈して不当弾圧がされてきたのであり今回もまさにそれである、と認識して闘っていかねばならないという話、らくなんユニオンからも、ちいさな形式不備をついて不当逮捕、不当な組合事務所家宅捜査がなされたという話がありました。広島から来た市民記者のSさんからは、森田健作知事が違法行為をしたのに不起訴になってA君が起訴になるのはまったくおかしい、このように恣意的に起訴しているような状況は政権交代だけでは止められず現場の抵抗運動こそが不可欠なのだというような話がありました。
また釜が崎医療連絡会議からは、最近も釜が崎で威力業務妨害ということで職員に少し従順でなかったということで不当逮捕があった、こういうことと同じことがA君にもおこったのだ、だから、ひるまずにこの問題を社会的に訴えて反撃していく必要がある、たとえば、柏原市役所前にいって、このような不当なことをしていることでいいのかと市民や市役所職員に伝えていくことが必要である、黙っていてはやられるだけである、という提起がなされました。
カンパや賛同署名もたくさん集まりました。
また充実した資料集が作成・配布されたことも付記しておきます。

生保申請ビデオ弾圧 賛同人・団体・メッセージ追加

賛同メッセージを追加します。前のメッセージは以前の記事をご覧下さい。
賛同人・賛同団体一覧を追加しました。
賛同していただける個人・団体は こちら からお願いします。
数宝照夫(行政書士、奈良さわやかユニオン役員)
 行政書士として生活保護申請の同行を数多く経験していますが、本件のような行政側の対応は法的にも正当性は全く考えられないことです。「保護の相談に当たっては、相談者の申請権を侵害しないことはもとより、申請権を侵害していると疑われるような行為も厳に慎むこと。」厚労省次官通知にこのように明記されているのです。
日本国憲法第99条@mixiコミュニティ
 憲法が、25条が国民の文化的生活を保障していると言うのに、
国や行政が率先して阻害する――。
 そんな中で、こうして多くの問題が浮き彫りとされ、政府自らや公務員が次々と憲法を蹂躙し、それが日常化して行く事によって、 平和国家日本が自衛隊を有して、それが当たり前と化している今, 安倍政権の手によって、防衛庁が昇格し、防衛省に強行的に変えられ、自衛隊の暴走に歯止めが利かなくなっている事と酷似していると、憂いているのはわたくし達だけでしょうか…。
 こんな九条と同等に、25条もなし崩しにしようとしているのが国の目的かも知れません。
 今、わたくし達市民が沖縄普天間と、
そして25条を死守しない事には、日本のこれからはないと思います。
 ユニオンぼちぼちの皆さん方と連帯し、この行政の失態を糾弾しいと思い、ここに賛同の応援メールを送ります。
【賛同人】(2月2日現在)
宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)、赤石千衣子(反貧困ネットワーク)、雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク副代表)、生田武志(野宿者ネットワーク代表)、小野俊彦(フリーターユニオン福岡執行委員)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、舟木浩(弁護士、反貧困ネットワーク京都事務局長)、白崎一裕(反貧困ネットワーク栃木共同代表)、さとうしゅういち(民主党員、福祉行政職員)、木村厚子(岐阜県)、小林希行、藤藪貴治(北九州市立大学非常勤師)、蓼沼紘明、イダヒロユキ(大学非常勤教員)、吉野一彦(クリニカルラボ御影院長)、藤田 博士(茨城保健生協組合員)、尾崎英樹(働かないホモセクシャル)、紺野茂樹、中野由紀子(「旗旗舎・東京」)、小塚太(ピースネット/市民平和基金:東京)、木下茅(東京女子大学非常勤講師)、竹林 隆(大阪教育合同労働組合書記長)、有園正俊(精神保健福祉士)、エッグマン(医療労働者・大阪)、白石草(OurPlanet-TV)、江上諭子(ビデオ作家)、林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)、清水裕(学生)、高野聡(活動家一丁上がり!講座受講生)、嶋田頼一、吉田卓史、細野秀太郎(オルタ)、庄野真代(活動家一丁あがり講座)、久保田健司、前田昭典、くまがいマキ(劇作家)、兼近修身、竹内絢(ふぇみん)、渡邊太(taiyoh.org)、匿名(神奈川:アルバイト)、花澤尚巳、森ひろみ(無職)、西村仁美(ルポライター)、澤田春彦(労働者友愛協会)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、ヒデヨヴィッチ上杉(バンドマン)、木村穣(ピースムービーメント実行委員会)、遠藤礼子(活動家)、桐原尚之、田中捷介、藤井光(美術家・映像ディレクター)、松元千枝(ジャーナリスト)、吉岡多佳子(非正規施設介護労働者/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち組合員)、加藤和博、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、大村智(明石書店労働組合)、鍬野保雄(一市民)、中村雅也(京都府立視力障害者福祉センター入所者)、藤田ひろみ・maqui,カトウ(サポートセンターMADO)、服部貴弘(学生)、園良太(フリーター全般労働組合共同代表)、古屋寛生(あすじゃ京都)、七瀬タロウ(精神障害者)、中沢浩二、松田一樹(郵政非正規労働者)、吉田信吾(ホームヘルパー)、松原明(ビデオプレス/レイバーネット日本)、大野直之(全国障害者介護保障協議会)、内野端樹(GOTCHA)、本田次男(きょうと夜まわりの会)、中村順(貧困当事者)、稲岡淑江、土屋トカチ(映像ディレクター・映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労組・派遣ユニオン)、金靖郎(難民を支援し、連帯する会)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク・フリーターズフリー)、湯川順夫、横山雄一、筒井雪江(永世中立宣言運動)、竹村洋介(近畿大学講師)、岡田雅宏、みさき、竹森真紀(北九州がっこうユニオン・うい)、加藤賀津子、佐藤龍市(「永世中立宣言」運動センター準備室事務局)、川原義人(個人)、阿部豊(介護ヘルパー)、遠藤賀子、大山千恵子(行政書士)、平田正造、横山隆英、ふるかわあすか、長濱洋一、藤喬(きょうとライフサポートセンター)、菊地、吾郷俊郎、斉藤郁夫、桑野浩一(無職渡世)、但馬けいこ(自立労連)、斉藤尚己、村上(管理職ユニオン・関西)、友延秀雄(ゼネラルユニオン書記次長)、吉田真治、内藤進夫(アルバイト派遣パート関西労働組合副代表・神戸事務所相談員)、森野櫟、石塚淳(生・労働・運動ネット)、数宝照夫(行政書士、奈良さわやかユニオン役員)(順不動)
【賛同団体】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、生・労働・運動ネット、住まいの貧困に取り組むネットワーク、NPO法人青森ヒューマンライトリカバリー、自由と生存の家実行委員会、Media Champon、「働き人のいいぶん」編集委員会、なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会、フリーター全般労働組合、ピープルズ・プラン研究所、APFS労働組合、京都生協の働く仲間の会、フリーターユニオン福岡、全国「精神病」者集団、びよんどネット、労働者コミュニティーセンター・ながの、京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー、北九州がっこうユニオン・うい、夜まわり三鷹、永世中立宣言運動、大阪城公園ヨロズ相談所、中崎クィアハウス、日本国憲法第99条@mixiコミュニティ(順不動)

生保申請ビデオ弾圧 賛同人・団体・メッセージ追加

賛同メッセージを追加します。前のメッセージは以前の記事をご覧下さい。
賛同人・賛同団体一覧を追加しました。
賛同していただける個人・団体は こちら からお願いします。
菊地
不当な逮捕で、拘束は人権侵害です。許してはいけません。人権の回復を行わないといけません。
斉藤郁夫
A君は何も悪いことはしていない。権利を行使しただけだ!福祉事務所の対応が問題だ。福祉事務所は経過を冷静にふりかえり、告訴をとり下げるべきだ!(検察の姿勢がどうあれ)
桑野浩一(無職渡世)
がんばって下さい。
但馬けいこ(自立労連)
もう充分にひどい状況ですが、この事件を許すともっとひどい世の中になると思います。市役所の、とくに社会福祉の窓口を、権力の問答無用の場にしてはいけない。人の生存にかかわる場には、透明性や公正性・人間性こそが必要であるが、今回の事件はその容赦ない遮断を示しているのではないでしょうか。貧困の拡大を今こそ、黙っていてはいけないと強く思います。
斉藤尚己
人間の尊厳をかけた闘いに敬意を表します。
警察の不当弾圧を許すな!
村上(管理職ユニオン・関西)
がんばれA君!
友延秀雄(ゼネラルユニオン書記次長)
正義は必ず勝つ。
共に闘おう!
吉田真治
行政がおかしい!
警察もおかしい!
検察もおかしい!
なによりおそろしいのが、弱い者が安全地帯からより弱い者を叩き、あざける風潮です。
内藤進夫(アルバイト派遣パート関西労働組合副代表・神戸事務所相談員)
私たちは非正規労働組合です。労働局や労基署への抗議・申入れでカメラや録音機を持参します。ビデオを回すことは労働争議に必要不可欠です。他人事ではない。共にたたかいましょう。
匿名
A君が一日も早く釈放される事を求めます・職業訓練校に通い、必死で生活を立て直そうとしていたA君に対し、このような不当な勾留をすることが信じられません。自分を守る為に記録を取っただけで逮捕・長期勾留されるなんて、こんなひどい話はありません。
森野櫟
 A君を「犯罪者」扱いする柏原市福祉事務所の態度からは「貧乏人は死ね!!!」という考えが読みとれる。この状況は非常に危険だ!我々は、福祉事務所の悪虐を許してはならない!それを許してしまうと、我々だけでなく、日本国民自体の未来はない!
 我々に出来る事は「自分には関係ない」という甘い考えを捨て去り、おかしい事を「おかしい!!!」と発言していく事だ!!!
ふるかわあすか
Aさんに起きていることは、まさに不可思議。逮捕や拘留など理にかなう点が全くないように思います。
こんなことが起こる社会はアリスの不思議な国より、100万倍不思議な国です。
でも、逮捕後のAさんの手紙、替え歌からはとても勇気をもらっています。それにはとても感謝しています。ということは、Aさんの才能を見せてもらうための逮捕なのでしょうか。
なんということでしょうか。あー不可思議です。おかしいです。許されてはいけないことです。
藤喬(きょうとライフサポートセンター)
必ず勝利できる。
私も1月21日京都の反貧困ネットワークの会合でみんなに報告し、闘いの輪を拡げるつもり。共にがんばろう!!
匿名
生活保護はすべての人に受ける権利があるはずだ。いいがかりをつけてタイホするなんて絶対に許せない。Aさんガンバレ!
匿名
自分も生活保護もらっていますが、柏原市役所に対しては不当逮捕だ
他の件でも柏原市役所の福祉になるのかわからないけど
昨年11月で終わった定額の件でも役所の対応が悪かったです。
中崎クィアハウス
1月15日大阪の報告集会に行かせていただき、主催の皆さんありがとう&お疲れ様でした。そこで思った事をAさんに言ってもしょうがないかもしれません
が、公務員は住民の税金で食わせてもらっている身として、もう少し自分の仕事に責任と自信を持ってほしいと思いました。福祉課と一人で対応しないといけなかったAさんは生活がかかっており、本当に切羽詰まり、不安で大変だったと思います。でも、職員は仕事だし、何人もいるし、何も焦ったりする必要はないでしょう。何で「どうぞ、何でも記録を撮ってください。ネットでも誰でも、私たちの仕事ぶりの映像を観てください」ぐらいの落ち着いた気持ちで仕事できないのでしょうか。Aさんは不条理な事に生活が急変していますが、どうにか今は「一人じゃない」と感じ、生き抜いてほしいと、皆で応援しています。
【賛同人】(1月21日現在)
宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)、赤石千衣子(反貧困ネットワーク)、雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク副代表)、生田武志(野宿者ネットワーク代表)、小野俊彦(フリーターユニオン福岡執行委員)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、舟木浩(弁護士、反貧困ネットワーク京都事務局長)、白崎一裕(反貧困ネットワーク栃木共同代表)、さとうしゅういち(民主党員、福祉行政職員)、木村厚子(岐阜県)、小林希行、藤藪貴治(北九州市立大学非常勤師)、蓼沼紘明、イダヒロユキ(大学非常勤教員)、吉野一彦(クリニカルラボ御影院長)、藤田 博士(茨城保健生協組合員)、尾崎英樹(働かないホモセクシャル)、紺野茂樹、中野由紀子(「旗旗舎・東京」)、小塚太(ピースネット/市民平和基金:東京)、木下茅(東京女子大学非常勤講師)、竹林 隆(大阪教育合同労働組合書記長)、有園正俊(精神保健福祉士)、エッグマン(医療労働者・大阪)、白石草(OurPlanet-TV)、江上諭子(ビデオ作家)、林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)、清水裕(学生)、高野聡(活動家一丁上がり!講座受講生)、嶋田頼一、吉田卓史、細野秀太郎(オルタ)、庄野真代(活動家一丁あがり講座)、久保田健司、前田昭典、くまがいマキ(劇作家)、兼近修身、竹内絢(ふぇみん)、渡邊太(taiyoh.org)、匿名(神奈川:アルバイト)、花澤尚巳、森ひろみ(無職)、西村仁美(ルポライター)、澤田春彦(労働者友愛協会)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、ヒデヨヴィッチ上杉(バンドマン)、木村穣(ピースムービーメント実行委員会)、遠藤礼子(活動家)、桐原尚之、田中捷介、藤井光(美術家・映像ディレクター)、松元千枝(ジャーナリスト)、吉岡多佳子(非正規施設介護労働者/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち組合員)、加藤和博、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、大村智(明石書店労働組合)、鍬野保雄(一市民)、中村雅也(京都府立視力障害者福祉センター入所者)、藤田ひろみ・maqui,カトウ(サポートセンターMADO)、服部貴弘、園良太(フリーター全般労働組合共同代表)、古屋寛生(あすじゃ京都)、七瀬タロウ(精神障害者)、中沢浩二、松田一樹(郵政非正規労働者)、吉田信吾(ホームヘルパー)、松原明(ビデオプレス/レイバーネット日本)、大野直之(全国障害者介護保障協議会)、内野端樹(GOTCHA)、本田次男(きょうと夜まわりの会)、中村順(貧困当事者)、稲岡淑江、土屋トカチ(映像ディレクター・映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労組・派遣ユニオン)、金靖郎(難民を支援し、連帯する会)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク・フリーターズフリー)、湯川順夫、横山雄一、筒井雪江(永世中立宣言運動)、竹村洋介(近畿大学講師)、岡田雅宏、みさき、竹森真紀(北九州がっこうユニオン・うい)、加藤賀津子、佐藤龍市(「永世中立宣言」運動センター準備室事務局)、川原義人(個人)、阿部豊(介護ヘルパー)、遠藤賀子、大山千恵子(行政書士)、平田正造、横山隆英、ふるかわあすか、長濱洋一、藤喬(きょうとライフサポートセンター)、菊地、吾郷俊郎、斉藤郁夫、桑野浩一(無職渡世)、但馬けいこ(自立労連)、斉藤尚己、村上(管理職ユニオン・関西)、友延秀雄(ゼネラルユニオン書記次長)、吉田真治、内藤進夫(アルバイト派遣パート関西労働組合副代表・神戸事務所相談員)、森野櫟(順不動)
【賛同団体】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、生・労働・運動ネット、住まいの貧困に取り組むネットワーク、NPO法人青森ヒューマンライトリカバリー、自由と生存の家実行委員会、Media Champon、「働き人のいいぶん」編集委員会、なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会、フリーター全般労働組合、ピープルズ・プラン研究所、APFS労働組合、京都生協の働く仲間の会、フリーターユニオン福岡、全国「精神病」者集団、びよんどネット、労働者コミュニティーセンター・ながの、京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー、北九州がっこうユニオン・うい、夜まわり三鷹、永世中立宣言運動、大阪城公園ヨロズ相談所、中崎クィアハウス(順不動)

A君無罪!釈放要求緊急集会

【転送歓迎】
■■■■■■■■■■
生活保護申請ビデオカメラ弾圧事件
A君無罪!釈放要求緊急集会
■■■■■■■■■■
囚われの身として3ヶ月目、A君は即時釈放をされなければなりません。こんな弾圧で有罪の判例を出させる訳にもいきません。1月15日、いよいよ裁判が始まります。この日は情宣、傍聴行動、集会を予定しています。参加できる所だけでも是非ご一緒下さい。お願いします!
●日時:1月15日(金)18時開場 18時30分開始
●場所:エル・おおさか 6階 大会議室 ●参加費:無料
●発言者:
木原万樹子(国選弁護人、ホームレス法的支援者交流会共同代表)
加藤亮子(NPO法人釜ヶ崎医療連絡会議、福祉事務所勤務)
櫻田和也(remo [NPO法人記録と表現とメディアのための組織])
●連帯アピール:
釜ヶ崎日雇労働組合
NPO法人 釜ヶ崎医療連絡会議 など
◆情 宣 :
11時30分 南海電鉄堺東駅西口(コンビニ前)に集合
12時~13時 公判のある大阪地方裁判所堺支部の前で情宣
◆傍聴行動:
14時10分~50分 第一回公判
大阪市柏原市で生活保護を受給していたユニオンぼちぼち組合員A君が、10月27日に職務強要罪で逮捕されました。(事件についての経緯は「ユニオンぼちぼちのブログ」12月19日、12月11日を参照下さい。)容疑は2ヵ月半前の生活保護申請時において「脅迫」を用い申請書の受理及び保護決定を強要したというものです。A君は各福祉事務所で横行している水際作戦に対抗し、申請の証拠を残すためにビデオカメラを構え、「公務員でしょ。申請させてください。ちゃんと対応してください」「生存権を保障してください」「ユニオンチューブ(労働組合の動画サイト)っていうのがあるんですよ」という発言をしただけで、暴言を吐いたり机を叩いたりした訳ではありません。もちろん柏原市福祉事務所も認めているように生活保護を不正受給した訳でもありません。それなのにA君は告訴され起訴され勾留され続け、保釈請求も却下され続けています。逮捕の2日後に組合事務所も家宅捜索されました。こんなメチャクチャ許せません!A君は無罪!国家ぐるみの不安定労働者イジメ弾劾!直ちに釈放しろ!という声を力を合わせて対置していこうではありませんか!緊急集会に万障を繰越しご参加を!
●エル・おおさか最寄駅:
・京阪.地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
・京阪.地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
・JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m
主催:関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち
連絡先:hogohiwoagero(at)yahoo.co.jp 当日連絡先:090-7963-5788

生保申請ビデオ弾圧 賛同人・団体・メッセージ追加

賛同メッセージを追加します。前のメッセージは以前の記事をご覧下さい。
賛同人・賛同団体一覧を追加しました。
遠藤賀子
今回のA君の逮捕は、まったく理解できません。水際作戦という不当な対応を正当化しようとする権力の濫用です。
国民の正当な権利の主張が国家によって抑えられることは、許されないことです。
また、必要のない拘留継続も不当です!
A君への不当逮捕・起訴に抗議し、即時釈放を求めます!
夜まわり三鷹
 Aさんは、無罪です。というよりも、無実です。職務強要罪で起訴されるとは、信じがたい事態です。
私たちは、大阪府柏原市による生活保護申請不受理という職務怠慢こそ問題だと考えます。その問題を明らかにしたAさんに感謝こそすれ、起訴するとは信じられません。
 私たちも、同様の実態を、野宿者から度々きいています。
例えば、「生活保護を受給してアパートで暮らしたい」と一人で生活保護を申請した野宿者がM福祉事務所から「野宿者のアパート暮らしは認めていない」と断れた、と証言している方がいました。
その方は、結局、生活保護を申請しないで帰ってきたそうです。
支援者と一緒に生活保護を申請した方が、それまでにも何人もアパートに入居しているにもかかわらず、なのです。この野宿者の話が本当かどうか、もしもビデオがあったなら一目瞭然だったはずです。
 市役所内で、自分自身の申請行為などを撮影してはいけないのでしょうか?
生活保護申請をしている自分やそれに対応している公務員を、ビデオで撮っていけないのでしょうか?
例えば、出生届のシーンを記念に撮影すると、職務強要罪で起訴されるのでしょうか?
出生届の受理行為も生活保護の受理行為も、大きな違いがあるとは思えません。
 Aさんは、絶対に無実であり、生存権を脅かす起訴・拘留は許されません。一日も早くAさんを釈放し、起訴を取り下げるべきだと思います。
 大阪府柏崎市は、生活保護の不受理をやめ、困窮者に生活保護を支給しなさい。
 Aさん、寒い時期ですが、めげないでください。東京の地より、応援しています。
阿部豊(介護ヘルパー)
「生きさせろ!」と訴えたら犯罪!?生活保護を申請したら逮捕!?
そんなふざけた話があるかいっ!
まさに、「生活困窮者」に対するジェノサイド(虐殺)行為そのものと言わざるを得ない。
柏原市と大阪府警は恥を知れ!!
そして一刻も早く無罪のA氏を釈放せよ!
川原義人(個人)
ひどい話です。
市民の権利を守る立場にあるはずの権力が、自ら人間の尊厳を踏みにじる行為を行っているものです。
即時釈放を求めます。
【賛同人】(1月13日現在)
宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)、赤石千衣子(反貧困ネットワーク)、雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク副代表)、生田武志(野宿者ネットワーク代表)、小野俊彦(フリーターユニオン福岡執行委員)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、舟木浩(弁護士、反貧困ネットワーク京都事務局長)、さとうしゅういち(民主党員、福祉行政職員)、木村厚子(岐阜県)、小林希行、藤藪貴治(北九州市立大学非常勤師)、蓼沼紘明、イダヒロユキ(大学非常勤教員)、吉野一彦(クリニカルラボ御影院長)、藤田 博士(茨城保健生協組合員)、尾崎英樹(働かないホモセクシャル)、紺野茂樹、中野由紀子(「旗旗舎・東京」)、小塚太(ピースネット/市民平和基金:東京)、木下茅(東京女子大学非常勤講師)、竹林 隆(大阪教育合同労働組合書記長)、有園正俊(精神保健福祉士)、エッグマン(医療労働者・大阪)、白石草(OurPlanet-TV)、江上諭子(ビデオ作家)、林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)、清水裕(学生)、高野聡(活動家一丁上がり!講座受講生)、嶋田頼一、吉田卓史、細野秀太郎(オルタ)、庄野真代(活動家一丁あがり講座)、久保田健司、前田昭典、くまがいマキ(劇作家)、兼近修身、竹内絢(ふぇみん)、渡邊太(taiyoh.org)、匿名(神奈川:アルバイト)、花澤尚巳、森ひろみ(無職)、西村仁美(ルポライター)、澤田春彦(労働者友愛協会)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、ヒデヨヴィッチ上杉(バンドマン)、木村穣(ピースムービーメント実行委員会)、遠藤礼子(活動家)、桐原尚之、田中捷介、藤井光(美術家・映像ディレクター)、松元千枝(ジャーナリスト)、吉岡多佳子(非正規施設介護労働者/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち組合員)、加藤和博、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、大村智(明石書店労働組合)、鍬野保雄(一市民)、中村雅也(京都府立視力障害者福祉センター入所者)、藤田ひろみ・maqui,カトウ(サポートセンターMADO)、服部貴弘、園良太(フリーター全般労働組合共同代表)、古屋寛生(あすじゃ京都)、七瀬タロウ(精神障害者)、中沢浩二、松田一樹(郵政非正規労働者)、吉田信吾(ホームヘルパー)、松原明(ビデオプレス/レイバーネット日本)、大野直之(全国障害者介護保障協議会)、内野端樹(GOTCHA)、本田次男(きょうと夜まわりの会)、中村順(貧困当事者)、稲岡淑江、土屋トカチ(映像ディレクター・映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労組・派遣ユニオン)、金靖郎(難民を支援し、連帯する会)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク・フリーターズフリー)、湯川順夫、横山雄一、筒井雪江(永世中立宣言運動)、竹村洋介(近畿大学講師)、岡田雅宏、みさき、竹森真紀(北九州がっこうユニオン・うい)、加藤賀津子、佐藤龍市(「永世中立宣言」運動センター準備室事務局)、川原義人(個人)、阿部豊(介護ヘルパー)、遠藤賀子(順不動)
【賛同団体】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、生・労働・運動ネット、住まいの貧困に取り組むネットワーク、NPO法人青森ヒューマンライトリカバリー、自由と生存の家実行委員会、Media Champon、「働き人のいいぶん」編集委員会、なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会、フリーター全般労働組合、ピープルズ・プラン研究所、APFS労働組合、京都生協の働く仲間の会、フリーターユニオン福岡、全国「精神病」者集団、びよんどネット、労働者コミュニティーセンター・ながの、京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー、北九州がっこうユニオン・うい、夜まわり三鷹(順不動)

生保申請ビデオ弾圧 賛同人・団体・メッセージ追加

賛同メッセージを追加します。前のメッセージは以前の記事をご覧下さい。
賛同人・賛同団体一覧を追加しました。
岡田雅宏
この国では、人はこんなにも簡単に逮捕され、起訴されてしまうのだから、とても「民主主義国」とは言えないです。
マスメディアは「記者クラブ制度」で、警察発表を伝えることしかしていない状況ですから、ますます度し難いです。
70年代の軍事独裁政権時代のラテンアメリカ諸国への道に突き進もうかという感じです。
黙っていることだけはできません…。
みさき
 こんにちは!
初めまして。
 私は横浜にて、精神疾患で生活保護を受けてる者です。(38歳女性)
 今回の逮捕のニュースを見て、やはり理解出来ません。
 二ヶ月過ぎて、いきなりの逮捕も理解できません。
 役所側は公共の場であり、特に撮影禁止とも書いてないのに、カメラを回しただけで逮捕は不当と思います。
 長い交流生活は大変だと思います。
私も12日間留置所経験あります。 不安やあせり等、心中おさっしします。
 沢山の方々が応援をしてる見たいで少し安心してます。
 これからも、応援して行きたいと思います。
 一日も早く釈放される事を願います。
 お正月も中で過ごされる事になる見たいですが、どうか、気持ちだけでも良いお年を迎えて下さい。
 裁判で無罪を勝ち取る事を祈り、また、これを判例に、全国の福祉がよくなります様に祈ってます。
 どうか、心身ともに健康にお過ごし下さい。
京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー
Aさんの不当逮捕に抗議します
大阪府柏原市の福祉事務所で、生活保護を申請しようとしたAさんが逮捕・起訴されるという事件がありました。生活保護申請書を受け取ろうとしない職員に対して、証拠保全のためにビデオを回したことが、「職務強要罪」にあたるというのです。
もちろん、生活保護を申請するのは誰もが持っている当然の権利です。そして申請書を受け取らない福祉事務所の「水際作戦」こそが、違法行為です。その違法行為を録画撮影することが、どうして罪にあたるのでしょうか。
ビデオカメラには、公権力による不正な権力行使を予防する効果があります。(私たちがストライキを始めた当初、職員による弾圧を撮影してYouTubeにアップしたせいか、職員の対応が軟化したことがありました。)Aさんがどんな気持ちでカメラを回そうと思ったのか、私たちには分かりませんが、それが切迫したものであることは明らかです。
Aさんはユニオンぼちぼちに加入し、生活保護は無事におりましたが、その後逮捕され、現在も拘置所に入れられています。私たちは、この不当逮捕に強く抗議します。司法当局はAさんを今すぐに釈放してください。
【個人賛同人】(1月9日現在)
宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)、赤石千衣子(反貧困ネットワーク)、雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク副代表)、生田武志(野宿者ネットワーク代表)、小野俊彦(フリーターユニオン福岡執行委員)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、舟木浩(弁護士、反貧困ネットワーク京都事務局長)、さとうしゅういち(民主党員、福祉行政職員)、木村厚子(岐阜県)、小林希行、藤藪貴治(北九州市立大学非常勤師)、蓼沼紘明、イダヒロユキ(大学非常勤教員)、吉野一彦(クリニカルラボ御影院長)、藤田 博士(茨城保健生協組合員)、尾崎英樹(働かないホモセクシャル)、紺野茂樹、中野由紀子(「旗旗舎・東京」)、小塚太(ピースネット/市民平和基金:東京)、木下茅(東京女子大学非常勤講師)、竹林 隆(大阪教育合同労働組合書記長)、有園正俊(精神保健福祉士)、エッグマン(医療労働者・大阪)、白石草(OurPlanet-TV)、江上諭子(ビデオ作家)、林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)、清水裕(学生)、高野聡(活動家一丁上がり!講座受講生)、嶋田頼一、吉田卓史、細野秀太郎(オルタ)、庄野真代(活動家一丁あがり講座)、久保田健司、前田昭典、くまがいマキ(劇作家)、兼近修身、竹内絢(ふぇみん)、渡邊太(taiyoh.org)、匿名(神奈川:アルバイト)、花澤尚巳、森ひろみ(無職)、西村仁美(ルポライター)、澤田春彦(労働者友愛協会)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、ヒデヨヴィッチ上杉(バンドマン)、木村穣(ピースムービーメント実行委員会)、遠藤礼子(活動家)、桐原尚之、田中捷介、藤井光(美術家・映像ディレクター)、松元千枝(ジャーナリスト)、吉岡多佳子(非正規施設介護労働者/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち組合員)、加藤和博、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、大村智(明石書店労働組合)、鍬野保雄(一市民)、中村雅也(京都府立視力障害者福祉センター入所者)、藤田ひろみ・maqui,カトウ(サポートセンターMADO)、服部貴弘、園良太(フリーター全般労働組合共同代表)、古屋寛生(あすじゃ京都)、七瀬タロウ(精神障害者)、中沢浩二、松田一樹(郵政非正規労働者)、吉田信吾(ホームヘルパー)、松原明(ビデオプレス/レイバーネット日本)、大野直之(全国障害者介護保障協議会)、内野端樹(GOTCHA)、本田次男(きょうと夜まわりの会)、中村順(貧困当事者)、稲岡淑江、土屋トカチ(映像ディレクター・映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労組・派遣ユニオン)、金靖郎(難民を支援し、連帯する会)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク・フリーターズフリー)、湯川順夫、横山雄一、筒井雪江(永世中立宣言運動)、竹村洋介(近畿大学講師)、岡田雅宏、みさき、竹森真紀(北九州がっこうユニオン・うい)、加藤賀津子、佐藤龍市(「永世中立宣言」運動センター準備室事務局)(順不動)
【団体賛同】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、生・労働・運動ネット、住まいの貧困に取り組むネットワーク、NPO法人青森ヒューマンライトリカバリー、自由と生存の家実行委員会、Media Champon、「働き人のいいぶん」編集委員会、なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会、フリーター全般労働組合、ピープルズ・プラン研究所、APFS労働組合、京都生協の働く仲間の会、フリーターユニオン福岡、全国「精神病」者集団、びよんどネット、労働者コミュニティーセンター・ながの、京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー、北九州がっこうユニオン・うい(順不動)