カテゴリー別アーカイブ: 他団体

『ちょっと知ってる?大阪のこれから』イベントのお知らせ

7月14日に行われた「劣化する大学と研究者の労働条件――大阪市立大学不当解雇問題から考える」で、連帯のスピーチをしてもらった「大阪の公立大学のこれからを考える会」の方から集会の案内が来たので告知させていただきます。

7月30日の15時から17時、NSビル9階(地下鉄天満橋駅近く)で『ちょっと知ってる?大阪のこれから』という集会があるそうです。
詳細URLはここです。http://www.kokuchpro.com/event/00cabf9792c63ccd8dbc3de96c84db42/

なお、ユニオンぼちぼち主催、共済の学習会らではないため、交通費助成の対象にはなりません。ご注意をお願いします。

アリさんマークの引越社  映画企画

アリさんマークの引越社の映画企画のお知らせです。ユニオンぼちぼちのイダヒロユキさんも出演されます。

 

以下情報転載です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
漆黒のブラック企業 ”アリさんマークの引越社”の真実!in大阪
ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」関西初上映!
2016年7月31(日) OPEN 12:00 / START 13:00
大阪・ロフトプラスワンウェスト
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/44293
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

漆黒のブラック企業「アリさんマークの引越社」は、どんな会社なのか。
就労条件の改善を求めてブラック企業とたたかう現役社員・西村有さん(仮名)が
登壇し、リアルな実態を伝える。

ゲストに、阿部潔さん、イダヒロユキさん、大椿裕子さんを迎え、
「アリさんマークの引越社」のブラック企業・ヘイト企業ぶり実態を徹底討論!

西村さんが主人公のドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」
パイロット版を関西初上映。
入場者には、「アリ地獄天国(仮)」特製グッズをプレゼント!

●日時:2016年7月31(日) OPEN 12:00 / START 13:00

●場所:大阪・ロフトプラスワンウェスト
大阪市中央区宗右衛門町2−3 美松ビル3F
http://www.loft-prj.co.jp/west/access

●料金:前売¥1,000 / 当日¥1,200(共に飲食代別) ※要1オーダー500円以上
※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
前売チケットはこちら
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002187839P0030001

●出演 敬称略・順不同
西村有(仮名) アリさんマークの引越社・現役正社員
阿部潔 関西学院大学社会学部教授
イダヒロユキ ユニオンぼちぼち/DV加害者プログラムNOVO
大椿裕子 大阪教育合同労働組合執行委員長
清水直子 プレカリアートユニオン委員長
渡辺輝人 弁護士
土屋トカチ 映画監督

【上映作品】映画「アリ地獄天国(仮)」パイロット版 (監督:土屋トカチ/2016年/37分)

●あらすじ
有名俳優を起用したTVCMで知られる「アリさんマークの引越社」。さわやかなイメージとは裏腹に、
社員たちは自らの置かれた状況を「アリ地獄」と呼んでいる。
2015年秋には、抗議行動中の労働組合を恫喝する映像 https://youtu.be/uex0k9g7W_w が、
動画投稿サイト公開されると、約2ヵ月で200万回以上も再生され話題となった。

2015年開催された「ブラック企業大賞2015」ではウェブ投票賞・アリ得ないで賞をW受賞。
2016年2月9日テレビ東京で放送された「ガイアの夜明け」でも取り上げられ
ネット上では「神回」と言われ話題となった。
http://matome.naver.jp/odai/2145502603983827501
引越社でいったい何が起こっているのか?

同社で働く西村さん(仮名・34才)は、営業職でトップの成績を誇る正社員。
ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こし、48万円の弁済金を会社から求められた。
不満を感じた西村さんは、個人加盟型の労働組合「プレカリアートユニオン」に相談し、弁済する義務は一切ないことを知る。
同労組へ加入し弁済金の返還等を求めた。すると会社は、西村さんをシュレッダー係へ配置転換。
のちに懲戒解雇を行い、事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物を全国の支店へ貼り出した。
ニッポンの「ブラック企業」とたたかう若者。彼を支え、たたかう労働組合の姿を追う。

●詳細
アリ地獄天国(仮)フェイスブック
https://www.facebook.com/AriJigokuTengokuKari/

●イベント及び映画「アリ地獄天国(仮)」へのお問合せ
tsuchiya.tokachi☆gmail.com (☆を@へ変更願います)
045-228-7996 (ローポジション気付)

【中止】AEQUITAS KYOTO 最低賃金上げろデモ(京都)

中止になりました。

明後日4月16日(土)にAEQUITAS KYOTO(エキタス京都)が最低賃金上げろデモを行います。

15時半に京都市役所前集合で、16時スタートです。

デモ当日、ちょっとお金がかかるので大変心苦しいですが、ぜひプラカードを印刷して持ってきて下さい。
お願いします!

⬇️セブンイレブンでプリントできます⬇️
https://www.printing.ne.jp/support/flow/flow_step3.html

最低賃金を1500円に Y83RN8NP
中小企業に税金まわせ 2MRZ2TA2
Money For LIFE 9NEJGY84
パートをなめるな ELGZRRX7

下記のページでプラカードの画像を見ることができます。
https://www.facebook.com/saitinkyoto/posts/1768155740080925

 

エキタス京都による最賃引き上げを訴える街宣

本日3月20日(日)15時から1時間ほど、京都・四条河原町のマルイ前でエキタス京都による最賃引き上げを訴える街宣を行います。スピーチや署名集めなど行いますので、ぜひ参加して下さい。

街宣用のプラカードをセブンイレブンのネットプリントにアップしました。
受付期間は20日までです。アルファベットと数字の受付番号を入力して印刷(A3カラー)して下さい。
★最低賃金を1500円に LPGFMN3S
★MONEYforLIFE Y4D56MDY
★パートをなめるな PK63KFLQ
★中小企業に税金まわせ QXSHY4K7

プラカードの画像は↓で見ることができます。できたら拡散にご協力下さい。
https://twitter.com/AEQUITAS_Kyoto/status/708991520725008384
https://www.facebook.com/saitinkyoto/posts/1752219785007854

同じ日に15時から 東京でも「エキタス新宿大街宣」が行われます。
<登壇者>民主党・石橋みちひろ議員 共産党・小池晃議員 社民党・福島瑞穂議員 東京大学教授・本田由紀 日本大学教授・水野和夫 もやい理事長・大西連
https://twitter.com/aequitas1500/status/706763082173841408
http://aequitas1500.deci.jp/minwage/

よろしくお願いします。

【情報転載】若手活動家を世界に送ろう!〜クラウドファンディングのお願い〜

組合員の方から以下の情報が寄せられましたので、転載いたします。

 

==============
若手活動家を世界に送ろう!
なにわユニオンメンバーが、シカゴで米国や国際的な労働大会に参加
〜クラウドファンディングのお願い〜

2016年4月に米・シカゴでレイバーノーツ大会が開かれます。ここは、世界各国から闘う労働者や活動家が集まる場。日本からは13人で団を組み、日本の労働と人権、沖縄基地問題などについて発表する予定です。アメリカなどで若い労働者が、最低賃金引き上げの運動や差別撤廃運動の牽引力となっているのを見て、今年は「日本の若者にもたくさん参加してもらいたい!」と考えました。
国際連帯行動でむずかしいのは、資金面。若い労働者は参加したくても収入が200万円程度と低く抑えられているため、断念させられてきました。
そこで、今年はじめて、クラウドファンディングを呼びかけ、みんなで資金応援することにしました!2月15日までの10日間で、旅費不足分の8万円を集めます。ぜひぜひご協力ください。(一口 2000 円)

※呼びかけ人 山崎精一(Labor Now 共同代表)/マット・ノイズ(明治大学非常勤講師) /松元ちえ(レイバーネット TV/ジャーナリスト)

振込先 00190-7-559158
(郵便振替口座 Labor Now)※「中村カンパ」と明記して下さい。

※ 振り込んだら下記にメールでお名前と振込金額をお知らせ下さい。
大会参加後の報告の案内を差し上げます。apjpyama@blue.ocn.ne.jp 山崎精一

私たちが応援する中村 研さん(なにわユニオン書記長)てこんな人・・・・
労働組合活動家として、職場での組織化に最大の関心をもつ一方で、街頭デモなど路上での運動をどのように作り上げるのかを考えてきた。「戦略的な労働者の組織化や社会への発信力の強化が、労働運動の課題と感じています。組織化のために戦略的に資源を投資するアメリカの労働運動を知りたい」と話す。
レイバーノーツ大会を通じて、NGO と連携した草の根の運動を展開している、海外の多くの活動家や団体と交流し、社会的な存在としての労働運動を学びたいという。
中村さんは、労働運動とは別に、大阪でサウンドデモを10年以上も企画してきた。最近では、反原発デモやヘイトスピーチへのカウンター行動などにも参加し、そこで出会った人々と一緒に、昨年の「都構想」をめぐる大阪市住民投票や戦争法案反対デモでも行動してきた。
シカゴ大会の参加目標は、コミュティオーガナイジングを取り入れた労働運動を学び、アメリカから拡大した生活底上げ運動“Fight for $15”にかかわる仲間と経験交流することとしている。

最賃デモ報告と案内

最賃デモの報告と紹介です。
・12月6日(日)京都

・12月13日(日)東京



今後も続きます。
【上げろ最低賃金デモ】
12.20(sun)16:30 福岡天神・警固公園集合
https://twitter.com/crac9shu
【上げろ!最賃 名古屋駅前街宣】
12.20(sun)18:30 名古屋駅東口交番前
https://twitter.com/btmup1500
【最低賃金上げろデモ札幌】
12.23(wed)14:30 大通公園3丁目集合
https://twitter.com/_BTMup1500

最賃あげろドラムデモ

最賃あげろドラムデモのお知らせです。全国各地で行われる最賃の引き上げを求めるデモの中で、この京都のデモが一発目です。寒くなってきていますが、雨ではないようなので、よろしくお願いします。
12月6日(日)
14:30 京都・三条河川敷集合
15:00 出発→河原町仏光寺→京都市役所前まで
※小雨決行
※ドラムなしでも参加できます。

2015年日本寄せ場学会秋季シンポジウム情報転載

組合員の方からいただいた情報の転載です。
----------------
2015年日本寄せ場学会秋季シンポジウム
炊き出し/共同炊事の思想――生存闘争とその関係性
日時:2015年11月28日(土) 13:00-17:30
開催場所:釜ヶ崎ディアコニアセンター 喜望の家
(会員以外の方でも参加できます。事前申し込み不要ですので、会場に直接お越しください
〈プログラム〉
13:00 開会のあいさつ
13:10 趣旨の説明
13:30 持木良太(大阪府立大学院生)
 「現在における力能の発現としての炊き出し――技術・共有・自律性」
14:00 きんちゃん(釜ヶ崎パトロールの会)  
 「文化闘争としての炊き出し/共同炊事――その担い手は誰か」
14:45 〈休憩〉 
15:00 向井宏一郎(山谷労働者福祉会館活動委)
 「共同炊事、“現場”と“支援”とをつなぐもの」
15:45 コメント 濱村篤(日本寄せ場学会運営委員長)・水野阿修羅(釜ヶ崎労働者)
16:15 全体討論
〈本シンポジウムの趣旨〉
 流動的下層労働者の空間であり、抵抗の拠点であった伝統的な寄せ場は、いま、存続の危機にさらされている。すでに解体されてしまった寄せ場もあれば、解体の圧力にさらされている寄せ場もある。寄せ場学会は、「寄せ場の現実に切り込み、これを再構成し、そして寄せ場に投げ返さなければならない」という言葉を掲げてきた。寄せ場の解体という危機に、どのように切り込むことができるか――その課題が、突き付けられている。たとえ解体されてしまった寄せ場であっても、その伝統を引き継ぎながら、いまなおつづけられている実践がある。私たちは、そのような実践にこそ、連帯したい。このような問題意識のもと、本シンポジウムでは、「炊き出し」や「共同炊事」と呼ばれる実践に焦点を当てることにした。
 各地の炊き出しは、長い歴史をもち、そこでさまざまな思想が問われてきた。たとえば、これらの実践を「炊き出し」と呼ぶのか、「共同炊事」と呼ぶのかという点をとっても多様であり、その名づけには奥深い思想と歴史性が宿っているはずである。けれども、寄せ場学会の25年以上のあゆみのなかでも、「炊き出し/共同炊事」という実践に思想的意義や政治的意義を見出そうとする試みは、さほど積極的になされてこなかった。いま、その意義を考えることは、寄せ場の歴史と現在を捉えなおす視点となりうるかもしれない。そして、「寄せ場をみれば世界がみえる」という言葉を取り返し、国家や資本主義に対峙するような知のありようを探るための、出発点となるかもしれない。そうした願いを込めて、シンポジウムを開催したいと思う。
 「炊き出し/共同炊事」の多様な思想と歴史をたどる作業は、おそらく長い時間が必要になるだろうし、共同作業が欠かせないだろう。そのような展望をもちながら、本シンポジウムでは、「炊き出し/共同炊事」について考えることの重要性を、各地の活動家・支援者や研究者の視点から提起し、議論を交わすことから始めたい。具体的には、「炊き出し/共同炊事に対する排除」と「炊き出し/共同炊事からの排除」という、ふたつの論点を提示したいと思う。前者の論点においては、公園や河川敷での「炊き出し/共同炊事」がどのような排除の圧力を受けているのか、そして、その存続のためにいかなる抵抗の知恵が積み重ねられてきたのか、などの点を議論する。また、後者の論点のなかでは、炊き出し/共同炊事を相互扶助の実践として維持するために、つまり誰かを排除する事態を避けるために、どのような関係性の知恵が生み出されてきたのか、などの点をめぐって議論する。
 今回のシンポジウムを、「炊き出し/共同炊事」の思想と歴史を探る共同作業のための、第一歩としたい。
会場
「釜ヶ崎ディアコニアセンター 喜望の家」
大阪市西成区萩之茶屋2-8-18
*JR環状線・南海電鉄「新今宮」駅、地下鉄御堂筋線「動物園前」駅、南海電鉄「萩之茶屋」駅、阪堺線「新今宮前」・「今池」駅から徒歩すぐ。

早稲田ユニオンが早稲田大学と非常勤講師の5年上限雇い止めを撤回する和解協定

ユニオンぼちぼち立命館分会が立命館大学と交渉している非常勤講師の5年上限雇止めについて、早稲田大学で大きな動きがあったようです。
【速報】首都圏大学非常勤講師組合・早稲田ユニオンが会見し、早稲田大学との間で、非常勤講師の5年上限雇い止めを撤回する和解協定を締結したと発表しました。早大の非常勤講師約3000人が、改正労働契約法にもとづき、無期雇用に転換する展望を切り開きました。
https://twitter.com/akahatakokumin/status/669386775324811264
立命館大学でも続きたいと思います。

■立命館大学衣笠キャンパス労働者代表に対する公開質問状
http://rootless.org/botiboti/blog/blog-entry-1417
■公開質問状に対する回答への応答
http://rootless.org/botiboti/blog/blog-entry-1426
■山岡教授からの回答に関するお詫び
http://rootless.org/botiboti/blog/blog-entry-1428

今年も東九条マダンに出店します

ぼちぼちでは今年も東九条マダンに出店します。
image1.jpg
ホットコーヒー、アクリルたわしの販売と労働相談をやります。
組合員による持ち寄りフリマも出るかもです☆
今年のマダンの会場は、京都事務所の近くの元・陶化小学校です。九条通りの南側にあります。
今年のマダンのプログラムの目玉は、韓国から来られる綱渡り保存会の方々の演目と、韓国の伝統音楽の演奏団体のソリウォンの出演です。
この機会をお見逃しなく♪
また、みんなで参加のプログラムにトゥホという投げ矢のゲームもあります。
マダンのメインプログラムは10時~16時頃までやってます。
秋の1日を外でみんなでわいわい過ごせたらいいなぁと思います。
なお、11月1日(日)か3日(火)になるかは、11月1日の朝に東九条マダンのホームページにアップされます。
お天気予報が雨で3日へ順延かどうか曖昧な時はホームページをご参照下さい。